본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国外交部、福島原発汚染水の海洋放出に「深い懸念」

ⓒ 中央日報日本語版

韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官 写真共同取材団

韓国外交部は12日、日本政府の福島原発汚染水の海洋放出に対して深い懸念を表明した。

外交部は12日、報道官の論評を通じて「韓国政府は今回の決定が今後わが国民の安全と周辺環境に直・間接的に影響を及ぼしかねないという点で深い懸念を表す」としながら「政府はこれまで日本側に対して透明な情報公開および周辺国との協議を通じて決定するよう強調してきており、日本側が十分な協議もなく福島原発汚染水の海洋放出を決定するのならこれを受け入れることは難しい」と明らかにした。

続いて「政府はわが国民の健康と周辺環境保護を最優先の原則とし、放射能測定を大幅に拡大してモニタリングも強化していく予定」としながら「日本側の放出決定および関連手続き進行過程を引き続き鋭意注視しながら、国際原子力機関(IAEA)など国際社会との協力を強化して引き続き対応していく予定」と明らかにした。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기