본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

女優ソン・ヘギョ、徐ギョン徳教授と中国長沙臨時政府庁舎に案内書を寄贈

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

誠信女子大学の徐ギョン徳教授と女優ソン・ヘギョ[写真 徐ギョン徳教授のフェイスブック]

4月11日大韓民国臨時政府樹立日を迎えて女優ソン・ヘギョと誠信(ソンシン)女子大学の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授が中国長沙臨時政府庁舎に韓国語と中国語の案内書1万部を寄贈した。

徐教授はこの日、フェイスブックに「今回の寄贈は『全世界の独立運動遺跡地、案内書リフィルプロジェクト』の一環」とし「最初は韓国語の案内書だけを寄贈し、今回は庁舎がリモデリングを進めた後、中国語まで追加して製作した」と明らかにした。

ソン・ヘギョと徐教授が寄贈した案内書は大韓民国臨時政府の多様な活動を中国語で紹介し、観覧案内を歴史的な写真とともに説明する。現場で案内書を直接確認できない人々は「海外で会ったわが歴史の話」のホームページでダウンロードできる。

徐教授は「コロナ禍によって海外に残っている独立運動遺跡の状況が良い方ではない。このような時こそ、われわれがさらに大きな関心を持つべきだ」と話した。

彼らは過去10年間、海外にある大韓民国独立運動遺跡地に韓国語案内書、ハングル看板、浮き彫り作品を着実に寄贈してきた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기