본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ポンペオ前米国務長官「北朝鮮とさらに進展できず残念」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ポンペオ前米国務長官

ドナルド・トランプ前米大統領と呼吸を合わせたマイク・ポンペオ前国務長官が保守派ポッドキャストとのインタビューを通じて「北朝鮮とさらに進展できず残念」と回顧した。

ポンペオ前長官は「われわれは彼〔金正恩(キム・ジョンウン)氏〕が追加の核実験と長距離ミサイル試験の発射をしないように説得した。しかし、核プログラムをあきらめさせなかった」と述べた。

彼は、中央情報局(CIA)局長を務めた2018年4月極秘で北朝鮮を訪問し、金正恩総書記と会談して世界を驚かせた。かつてトランプ前大統領の対北朝鮮基調は「炎と怒り」という言葉で説明された。ポンペオ氏は「われわれが対話できるように緊張を和らげようとした。トランプ前大統領も首脳会談について考慮する準備ができていた。すごいことだった」と話した。

また、「私がCIA局長になった時は、ある日静かに飛行機で闇の中の平壌(ピョンヤン)に着陸して金氏に会うとは思いもしなかった」と回想した。また、北朝鮮に抑留されて帰還した後に亡くなった米国人大学生オットー・ワームビア氏事件に言及し、金総書記を狙い「人間性に反して最も悲惨な犯罪を犯した」とも語った。

ポンペオ前長官は2024年米国大統領選で保守派候補のうち1人に選ばれている。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기