본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【コラム】安っぽい感性の有効期限は終わった=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

当選直後の2017年5月、文在寅(ムン・ジェイン)大統領がコーヒーを手にして参謀陣と青瓦台を散歩した。青瓦台はこれを破格疎通だと大々的に広報した。 [中央フォト]

現執権勢力はその根となる盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権以降、組分けをしながら利益を得てきた。持つ者に対する盲目的な憎悪、脈絡のない反日・反米追求、反倫理的な高齢者侮蔑を「積弊」というそれらしき言葉の中に包み込み、無差別的な憎悪を広めた。すべてが国に毒を植え付ける行為だったが、組分けして票を得ることばかり考える宣伝扇動の達人は、テイクアウトアメリカーノ、バックパックのような若者層に訴える感性アイテムでこれを隠した。相対的に持たない者に属する若い世代は、この偽善的な権力集団の都合の良い標的だった。

その20代が今は変わった。ちょうど10年前の2011年のソウル市長補欠選挙では、ツイッターセレブ(有名人)だったチョ・グク元法務部長官の「孝行」という称賛リツイートを一度受けようと「(保守性向の)親の投票を防ぐために旅行に送ってプレゼントをする」というコメントを競争的に載せ、朴元淳(パク・ウォンスン)候補に一票を行使したとすれば、今の20代は真っ先にこの勢力に背を向ける。いや、呉世勲(オ・セフン)国民の力候補者の遊説の演壇に立って、文在寅(ムン・ジェイン)政権まで最も辛らつに批判するのが20代の青年たちだ。「経験値が少ない20代(朴映宣候補の20代侮蔑発言)がなぜ朴映宣に投票しないかを知らせる」として分裂の政治を終わらせようという求職者、「20代を侮蔑してまだ間もないが、波紋が広がると税金で恩着せがましいことを話す。ガキ扱いするな」というソウル大生、「大韓民国の未来が見えない。40代はどうか賢明な判断をしてほしい」と訴える大学生など、怒った青年の支持が今、野党に集まっている。

与党に目を向けると、一言で胡散臭い。まさに「386式」感性だ。自分たちが数十年間にわたり批判してきたセッカル(=色)論と変わらない新セッカル論まで持ち出した。与党の数人は自分のSNSに民主党カラーの青を背景に動画を載せた。「真っ赤な色(国民の力の党カラー)が似合う人ではありません。あなたは今まで一度も貪欲に投票したことはありません」という内容を見ると、この党の組分けはほとんど凶器レベルだ。

20・30代を対象にして民主党の公式ユーチューブに載せた、芸能番組を真似た粗雑な映像は、凶器を越えて「テロ」水準だ。内容は言うまでもなく、主人公が金尚祖(キム・サンジョ)前青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)政策室長と同じく賃貸借3法施行直前に賃貸料を大きく引き上げた朴柱民(パク・ジュミン)議員、そして昨年の大田(テジョン)水害当時に関連ニュースを背景に破顔大笑する写真をSNSに載せた李在汀(イ・ジェジョン)議員だった。

朴元淳(パク・ウォンスン)前ソウル市長セクハラ事件の被害者に対する2次加害者であるため自粛しろといったところ、公式肩書だけを外して「ミン廷、市場に行こう」と日程を広報した。突然、自分の嗚咽写真をSNSに載せた「被害を訴える人」高ミン廷(コ・ミンジョン)議員はどうか。公開的に朴元淳前市長を称賛する任鍾ソク(イム・ジョンソク)元青瓦台秘書室長まで取り上げる必要もなく、この程度なら民主党が集団で朴映宣候補の落選運動をしているのではと疑ってしまう。そうでなければさらに答えはない。時代の精神を読めない安っぽい感性の有効期限が満了したことを自分たちだけが知らないようだ。

韓国土地住宅公社(LH)事態に続き巨大な怒りを招いた金尚祖前室長の偽善的な不動産利益確保は今、彼の古い革カバンまでも呼び戻すことになった。彼が初めて公職に入った時、「脱権威」という感性が道具だった。しかし彼が扱った賃貸借3法のような不動産対策の余波で不動産価格が暴騰し、国民全員が苦痛を感じている時、14億ウォンを手に握りながらも「資金がないので1億ウォン以上(自身のマンションの)保証金を引き上げた」というあきれる釈明の後にはただの笑い者になった。金尚祖前室長を更迭した日、文在寅大統領は「不動産積弊清算」と書かれたマスクを着用したが、「むしろ大統領の額に入れ墨をしろ」という皮肉を招いた。

今の時代の精神が何であるかは一言で定義するのは難しい。しかし明白なのは、無能を卓賢民(タク・ヒョンミン)(儀典秘書官)式の演出で包装する薄っぺらい感性の時代は過ぎたという点だ。組分けして争いをあおる時代でもない。「ディス(リスペクト)」(軽蔑)が乱舞する若くてクールな感性のヒップホップオーディションでも、お互い励まし合って正当に競争し、相手がミスをすれば一緒に悔やむのが普通だ。これだから老人は無知だといって正当な参政権行使を阻む手法が20代に通用するはずがない。

最近会ったある民主党の元老は今の執権勢力を「ただの犯罪集団」と規定した。感性に訴える実力だけを信じて企画生産した憎悪を動力に権力を握った人たちが、恥も知らず自分の腹ばかり満たしたことがすべて明らかになった。感性の有効期限が終わった後にくるのは審判の時間だ。

アン・ヘリ/記者

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기