본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国、金融危機時に384億ドル通貨スワップ…円でも支援可能に

ⓒ 中央日報日本語版

日本円

域内多国間通貨スワップのチェンマイ・イニシアチブのマルチ化(CMIM)に向けた改定協定文が31日から発効すると韓国銀行が明らかにした。

CMIMは東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国と韓日中3カ国が域内国での金融危機発生時に不足する外貨流動性を支援する2400億ドル規模の多国間通貨スワップ協定で2010年3月に始まった。

改定案によると、IMFプログラムと連係せず自主的に支援するIMF非連係比率を現在の30%から40%に拡大することにした。引き出し可能規模の40%を超過して支援資金を要請する場合にはIMFと共同で支援することになる。

総引き出し可能規模は2456億ドルだ。加盟国は必要な時にあらかじめ決められた限度内で自国通貨を提供し米ドルの支援を受けることになる。韓国の場合、分担金(384億ドル、割合16.0%)に引き出し倍数の1をかけ384億ドルを危機時に引き出すことができる。

また、加盟国の自発的意思を反映し通貨スワップ限度内で米ドルのほかにウォンと人民元、円など域内通貨でも支援できるようにした。

このほかCMIM参照金利であるロンドン銀行間金利(LIBOR)廃止対応、新型コロナウイルスなど非常状況発生時の閣僚・次官会議の非対面開催などの根拠規定をまとめた。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기