본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

文大統領、否定的な評価59%で就任後最悪…ソウルでは65%

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

26日午後、京畿道平沢市(ピョンテクシ)海軍第2艦隊司令部の天子峰(チョンジャボン)艦・露積峰(ノジョクポン)艦で開かれた第6回西海守護の日記念式で演説する文在寅大統領。 青瓦台写真記者団

世論調査専門会社「韓国ギャラップ」の調査で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の国政運営に対する支持率が就任後の最低値となった。LH(韓国土地住宅公社)役職員投機疑惑に住宅公示価格の上昇まで重なった結果と解釈される。

韓国ギャラップが23-25日に実施し、26日に発表した世論調査で、文大統領の職務遂行に対する肯定的な評価は34%と、就任後の最低値となった。一方、否定的な評価は59%で最高値だった。

文大統領の国政運営に対する否定的な評価は、青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)のシン・ヒョンス前民情首席秘書官の辞意をめぐる波紋が広がった2月第3週(2月16-18日)の50%からLH投機疑惑が提起された3月第1週(3月2-4日)には51%に高まった。卞彰欽(ビョン・チャンフム)国土交通部長官の辞意(12日)表明にもかかわらず否定的な評価は54%(3月第2週)へとさらに高まり、文大統領のLH疑惑謝罪(3月16日)でも55%(3月第3週)に上昇した。

4・7補欠選挙が行われるソウルでは否定的な評価が65%と、肯定的な評価(26%)を39ポイントも上回った。釜山(プサン)・蔚山(ウルサン)・慶南(キョンナム)では否定的な評価が64%、肯定的な評価が30%と、34ポイント差だった。否定的な評価は主に50代(64%)、60代以上(69%)で高く、40代(48%)では比較的低かった。中道性向の回答者層でも否定的な評価は65%にのぼった。

文大統領の職務遂行に対する否定的な評価の理由は「不動産政策」(34%)、「経済・民生問題の解決不足」(8%)、「不公正」(6%)などが多かった。肯定的な評価の理由は「新型コロナ対処」(27%)、「全般的によい」(9%)、「庶民のための努力」(5%)などだった。

リアルメーターのペ・チョルホ首席専門委員は「LH投機疑惑への批判が続き、公示地価の上昇幅が大きいソウルでは、文大統領に対する否定的な評価が増えた」とし「全体の方向性を決める中道層も批判的に転じたが、現在のところ方向が変わるモメンタムが見られない」と述べた。

政党支持率は「民主党」が32%と、これも2017年5月の文在寅政権発足以降で最低値となった。「国民の力」は29%と、両党の差は誤差範囲(±3.1ポイント)内の3ポイント。3月第3週(3月16-18日)の調査では「民主党」が35%、「国民の力」が26%と9ポイント差だったが、その差が1週間で大きく縮まった。

これも中道層の移動と関連しているという分析だ。3月第3週の調査では中道層のうち「民主党」支持率は40%、「国民の力」支持率は21%だった。しかし今回の調査では「民主党」26%、「国民の力」29%と逆転した。ソウルでは「民主党」29%、「国民の力」33%、釜山・蔚山・慶南では「民主党」20%、「国民の力」42%と、民主党が全般的に劣勢だった。

4・7補欠選挙に対する期待も政府牽制論が多かった。「現政権を牽制するために野党候補が多数当選すべき」という回答は57%と、「現政権を支援するため与党候補が多数当選すべき」(33%)より24ポイント高かった。政府牽制論も文在寅政権に入って最高値だ。政府牽制論はソウルで61%、釜山・蔚山・慶南で60%。

時代精神研究所のオム・ギョンヨン所長は「呉世勲(オ・セフン)国民の力ソウル市長候補に野党候補が一本化され、コンベンション効果が野党支持率に反映された」とし「選挙が1対1の構図となり、民主党がまた反騰する余地もある」と予想した。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기