본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

米国務長官「旧日本軍慰安婦など女性の性搾取、深刻な人権侵害」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

アントニー・ブリンケン米国務長官が18日、ソウル鍾路区(チョンノグ)外交部庁舎で韓米外交・国防長官会議のレセプション共同記者会見を行っている。[写真 共同取材団]

アントニー・ブリンケン米国務部長官が18日、「第2次世界大戦当時、旧日本軍によることを含んで女性に対する性的搾取は深刻な人権侵害ということをわれわれは長い間語ってきた」と述べた。

ブリンケン長官はこの日、KBSが放映したインタビューで「われわれは過去にもそうだったし、今もわが親友であり、パートナーである韓国と日本が和解の精神でこのような問題を解決するように強く励ましている」としてこのように明らかにした。

慰安婦を「自発的売春」と歪曲した米国ハーバード大学ロースクールのマーク・ラムザイヤー教授の論文に対しては「分からない」と答えた。また、北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官の談話に対する質問には「平壌(ピョンヤン)で話したのは聞いたが、対北朝鮮政策を検討している今、私が聞きたい声はわが仲良いパートナーのこと」と答えた。

米朝シンガポール合意の継承については「われわれは対北朝鮮政策を検討しており、韓国にあるわがパートナーの観点を十分に分かることができるように極めて注意深く聞いている」と答えた。空席となっている米国の対北朝鮮特別代表については「相対的に短い時間内に、今後数週間、確かに数カ月内には見ることができるだろう」と明らかにした。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기