본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

BTS、グラミー賞受賞不発…挑戦は続く

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

14日(現地時間)、第63回グラミー賞のレッドカーペットイベントにオンラインで参加したBTS。[写真 Big Hitエンターテインメント]

BTS(防弾少年団)が韓国歌手で初めてグラミー賞に挑戦したが、残念ながら受賞に失敗した。14日(現地時間)、第63回グラミー賞で『Dynamite』で「最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞」部門にノミネートされたが、トロフィーはレディー・ガガとアリアナ・グランデの『Rain On Me』に戻った。該当部門はこの日午後5時から開かれる本授賞式に先立ち、2時から開かれた「プレミアセレモニー」で発表された。

マイケル・ジャクソンなどのプロデューサーで有名なジミー・ジャムが受賞者を発表する当時、ユーチューブのグラミー賞チャンネル視聴者は120万人に達した。BTSのファンクラブARMYは紫色のハートでチャットウィンドウを埋めて彼らの受賞を期待したが、『Rain On Me』が呼ばれると失望感を隠せなかった。

2012年新設された「最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞」はグラミーポップジャンルの細部授賞分野の一つだ。4大本像(ゼネラルフィールド)に含まれなかったが、主な部門の中の一つで、テイラー・スイフトとボン・イベールの『Exile』、ジャスティン・ビーバーとクエイヴォの『Intentions』、J・バルヴィン、デュア・リパ、バニー&タイニーの『Un Dia』などが候補に選ばれて競争を繰り広げた。BTSはアジア歌手として初めて該当部門にノミネートされた。

22チームのラインナップに選ばれたBTSは本授賞式で単独舞台を披露する予定だ。該当舞台は韓国で事前撮影された。RMは最近、米国USAトゥデイとのインタビューで「私たちがノミネートや受賞より望んでいたのがグラミー賞でのパフォーマンス」として「私たちはパフォーマンスチームなので私たちの曲で舞台を披露することがこの旅程の最終的な夢の中の一つだった」と話した。

グラミー賞は長い間、「夢の舞台」とされてきた。ソプラノ歌手のスミ・ジョーが1993年クラシックオペラ部門の最高レコード、レコードエンジニアであるサイドミラーコリアのファン・ビョンジュン代表が2012年クラシック部門の最優秀録音機術と2016年ベスト合唱パフォーマンス部門で2回受賞したが、韓国の大衆歌手が受賞したことはなかった。ノミネートされたのも、単独舞台を披露するのもBTSが初めてだ。

その間、グラミー賞への夢を何度も明らかにしてきたBTSは次第に接点を広げてきた。2019年第61回授賞式で「最優秀R&Bアルバム」部門の授賞者としてで舞台に上がり、昨年第62回授賞式にパーフォーマーとして参加してリズ・ナル・Xの『Old Town Road』合同舞台を披露した。RMが『Seoul Town Road』のリミックスバージョンのフィーチャーリングに参加したのがきっかけになり、ビリー・レイ・サイラス、ディプロ、メイソン・ラムジーなどとともに舞台に上がった。今年は受賞の有力候補に占われてきたが、今度を約束することになった。

これでグラミー賞は変化に遅れているという批判を避けることができないものとみられる。昨年11月ノミネート発表当時も「最優秀レコード賞」(レコード・オブ・ザ・イヤー」など4大本像の候補として取り上げられたBTSが「最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞」のノミネートにとどまり、非難世論を浴びた。昨年8月発表した英語シングル『Dynamite』は韓国歌手で初めて米ビルボードシングルチャート「ホット100」のトップにのぼって以降28週連続で上位50位入りを果たし、長期ヒットを続けてK-POPの裾野を広げた。

米国3大音楽賞の中で最も保守的に選ばれるグラミー賞は、ファンの投票で授賞するアメリカン・ミュージック・アワードやビルボード データに基づいたビルボード・ミュージック・アワードとは異なり、ザ・レコーディング ・アカデミーの会員の投票で決定される。白人・男性中心の授賞式という批判が絶えず、2019年BTSなど投票会員1186人、Big Hitエンターテインメントのパン・シヒョク代表など専門家会員154人など様々な人種・性別・年齢で構成された会員リストを発表した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기