본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国外交部「米国務長官の発言、終戦宣言に関する立場と断定できない」

ⓒ 中央日報日本語版
ブリンケン米国務長官が最近、下院外交委員会の公聴会でした発言について、韓国外交部が韓国政府の「終戦宣言」構想に否定的な見解を表したものとは断定できないという立場を明らかにした。

外交部当局者は12日、記者らに対し、ブリンケン長官の公聴会での答弁について「米国は現在、北朝鮮政策を検討中であり、その過程で同盟国の韓国と緊密に協議していくという立場を改めて強調したものであり、その以上でも以下でもない」と述べた。

ブリンケン長官は10日(現地時間)の公聴会で、韓国戦争(朝鮮戦争)を公式的で終える時期になったと思うかという質問に対し、「何よりも韓国と日本をはじめ、同盟、パートナーの安全保障の進展のために我々ができるすべてのことをしている点を明確にしなければいけない」と述べた。

続いて「重要で劇的なそのようなことに関連して我々がまずやるべきことは、いま言及したすべてのことを進展させることができるかについて、我々が自らの判断を評価することだ」と話した。

また、韓国をはじめ米国のパートナーと緊密な協力の中で関与すべきだという立場も明らかにした。これをめぐりブリンケン長官が終戦宣言に一線を画したのではという解釈が出ていた。


関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기