본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

映画『ミナリ』、英BAFTAでも6部門にノミネート…女優ユン・ヨジョンは助演賞に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

映画『ミナリ』[写真 パンシネマ]

映画『ミナリ』が英国のアカデミーと呼ばれる英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)でも6部門にノミネートされた。

9日(現地時間)、BAFTAは4月11日、ロイヤル・アルバート・ホールで無観客で開催される「2021 BAFTA授賞式」に先立って、50編の候補作を発表した。

『ミナリ』は監督賞、外国語映画賞、助演女優賞(ユン・ヨジョン)、男優助演賞(アラン・キム)、オリジナル脚本賞、キャスティング賞にノミネートされた。

中国出身のクロエ・ジャオ監督の『ノマドランド』が7部門に、『ファーザー』『Mank/マンク』『プロミシング・ヤング・ウーマン』が『ミナリ』とともに6部門にノミネートされた。

BAFTAは米国アカデミー賞の方向を占う機会と評価される。

『ミナリ』はすでに世界の主要映画祭で受賞記録を積み上げている。米国の二大映画賞「ゴールデングローブ賞」」で外国語映画賞を受賞したことに続き、米国批評家が選ぶ「クリティクス・チョイス」でも同じ賞を受けた。

BAFTAでは昨年ポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』が作品賞、監督賞、外国語映画賞、オリジナル脚本賞など4部門にノミネートされ、外国語映画賞とオリジナル脚本賞を受けた。

これに先立ち、パク・チャヌク監督が『お嬢さん』で2018年外国語映画賞を受けた。

一方、『ミナリ』は先月24日開幕した英国の代表的な映画祭の一つである第17回グラスゴー映画祭でも開幕作に選ばれ、ネット上で上映された。

英国での初公開に大きな関心が集まり、早目にチケットが売り切れとなり追加販売が必要なほどだった。

BBCは映画レビューで『ミナリ』に満点を与え、「映画に温もりと真心がこめられており、どこでも観客の心に届くだろう」と評価した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기