본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ヨズマグループ韓国法人代表「イスラエル・韓国の血を混ぜて第2のNNOXをつくる」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ヨズマグループ韓国支社のイ・ウォンジェ代表が9日、ソウル江南区ノンヒョン洞の事務室で、中央日報のインタビューに応じている。 キム・サンソン記者

イスラエルの経済首都テルアビブにはグーグル、アップル、クアルコムなど世界的な技術企業の研究開発(R&D)センターおよそ400カ所が密集している。人口1000万人にもならない小さな国が世界的な創業国家に成長した背景には、官民母胎ファンド「ヨズマ(ヘブライ語で「創意」「開始」)ファンド」がある。ヨズマファンドはイスラエル首相室傘下の首席科学官(閣僚級)を務めたイガール・エルリフ会長の指揮の下、1990年代に数百のベンチャースタートアップを支援し、グローバル企業のR&Dセンターを誘致した。ヨズマグループの年間運用資産は約4兆ウォン(約3800億円)にのぼる。

そのヨズマグループが2013年に韓国連絡事務所を開設した当時、国内創業界はユダヤ人資本の登場に大きな期待を抱いた。2年後、事務所は韓国法人になった。韓国法人長のイ・ウォンジェ代表(37)が注目を浴びたのもこの時期だった。ヘブライ大学で比較宗教学博士課程を踏む母について12歳からイスラエルで過ごしたという彼の履歴は、国内ベンチャーキャピタル(VC)業界に「イスラエル式の創業成功秘訣を伝授する」新鮮な風だった。しかし7年が過ぎてもヨズマグループが韓国のスタートアップに「大規模投資」をしたという話は聞こえなかった。

今月9日、ソウル江南区(カンナムグ)のヨズマグループコリア事務室でイ・ウォンジェ代表に会った。ヨズマグループが3番目の株主、SKテレコムが2番目の株主であるデジタル映像医療機器会社「NNOX(ナノックス)」が生産工場構築のために京畿道龍仁(ヨンイン)に敷地3600坪を購入したという報道があった日だった。NNOXは昨年8月にナスダックに上場したイスラエルのスタートアップ。X線の放射線露出時間を30分の1に減らし、撮影費用を従来の10%水準に引き下げる技術を保有する。上場3週目に株価が公募価格(18ドル)比で255%急騰し、2カ月後に株価が40%急落した。空売り投資機関が「技術の実体がない」という疑惑を提起した。その2カ月後の昨年12月、NNOXが装備を直接試演し、疑惑は解消された。

--NNOXの現在の状況は。

「テスラの技術性を審査したアークインベストメント(約7万株)、世界最大資産運用会社ブラックロック(約19万株)もNNOXの株を購入した。空売りリポートを出したシートロンは昨年10月のリポートを削除した。悪意の攻撃だった。保守的な米国機関投資家が動いたというのは技術力が立証されたという証拠だ。もうNNOXは韓国を生産基地として人材採用とスタートアップ投資、施設拡充などに4000万ドルを投入する。韓国とイスラエルの企業が本格的に協力する最初の事例だ」

--ヨズマグループが韓国法人を設立して7年目となる。グループの規模に比べて目立った成果がないのでは。

「『戦闘的に投資すると思っていたがそうではなかった』という声を何度も聞いた。みんな疑問を抱いていた。率直にいうと、本格的に投資を始めてまだ2年だ。初期にエルリフ会長は『数年間は投資すべきでない』と話した。韓国について先に学び、ネットワークから築くという指示だった。実際、いくら良い会社を本社に紹介しても投資の承認が出なかった。そして2018年から投資の承認が出た。この2年間に韓国法人は約1470億ウォン(約140億円)を投資した。平均内部利益率(IRR)は86%、累積ファンド数は23件だ」

--韓国に合う投資戦略を見つけたのか。

「そうだ。イスラエルの革新技術と韓国の製造技術を一つのかごに入れてジョイントベンチャー(JV)を作る時、最も大きなシナジー効果が出るということをNNOXを通じて経験した。3月には1000億ウォン規模の中堅企業成長ファンドも始まる。製造力はあるが再生可能エネルギー、バッテリー、人工知能(AI)など新技術に注目する国内企業とイスラエルの技術企業を結びつけるのが今年の主力事業だ」

--韓国スタートアップの技術だけでは力不足なのか。

「それよりも韓国とイスラエルが『お互いにないもの』を満たす時、爆発的に成長すると判断した。イスラエルは技術を創業と連動して事業化できるが、製造技術はない。0から10までは作るが、100に進むことができない。一方、韓国はR&Dに優れているが、そこまでだ。論文には立派な技術があるが、稼ぐことはできない。ところが製造力、メード・イン・コリアは世界的に認められているレベルの技術だ。イスラエルの技術を韓国にバトンタッチしたところ、10から100を作ることができた。イスラエルはスタートアップ(開始)に、韓国はスケールアップ(拡大)に強い民族ということだ」

--具体的にどんな計画を持っているか。

「今年7件以上のイスラエルの会社が韓国の製造技術と連係するなど、韓国との協力を経てナスダック企業公開(IPO)を準備する。人工知能(AI)とモビリティー、ロボット自動化など情報技術(ICT)、バイオ・ヘルスケアとメディカル機器、低炭素とバッテリー関連グリーンエネルギー分野の会社だ。第2、3のNNOXが出てくると思う。グリーンエネルギーについてはグループ全体がESG(企業の環境=Environment、社会的影響=Social、支配構造=Governance)基準を強化している。投資審査段階でESGを評価するための定量指標を開発している」

--ジョイントベンチャー(JV)以外の計画は。

「もちろん韓国のスタートアップも育成する。ウェルマーカーバイオ、シンテカバイオなど主にバイオ会社だ。エルリフ会長が最も高く評価する韓国の技術力がバイオだ。数十年間にわたり優秀な人材が医大に集まったからだ。かつて医師・薬剤師は生涯の職業だったが、現在はこの人たちが創業をする。グローバル製薬会社の歴史を見ても優れた医療スタッフの合流はバイオ創業の成敗を決める最も重要なカギとなる。今までヨズマコリアがバイオのスタートアップを中心に投資してきた理由だ」

--最後に韓国創業界に助言があれば。

「イスラエルの企業は周囲に散在するグローバルR&Dセンターを通じて迅速に技術のトレンドを読み取り、最初からグローバル市場に目を向けて創業する。韓国はユニコーン企業も大半が内需市場を見て始めたB2C企業だ。しかし韓国市場は小さい。海外進出が難しければ、血を混ぜる現地パートナーを探してでもグローバルに出て行けばよい。政府はグローバルR&Dセンターを積極的に誘致し、アクセラレータファンドなどを通じて国際特許を持つ『スターハイテク株』を育成する時だと考える」

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기