본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

米国外交官が「コチュジャンバーガー大ヒット」…韓国で話題の中心に立った米国大使館SNS(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

駐韓米国大使館ツイッターに掲載された「鴨ご飯」写真。5万人に近い「いいね」を受けた。[ツイッター キャプチャー]

駐韓米国大使館ならではの創造力も発揮する。鴨型で雪だるまを作る、いわば「鴨雪メーカー」が流行したときは、これに着目して「鴨ご飯」を掲載したこともある。コールマン氏は「ジョンニム広報官の机に鴨雪メーカーが置かれていることを見てアイディアを得た」として「雪予報がなく悩んでいたところ、ご飯を代わりに入れてみようというアイディアが浮かび、呼応が熱かった」と話した。

韓米間友好増進のためにはほとんどすべてのアイディアを活用している。カカオのキム・ボムス理事会議長が米国の詩人ラルフ・ワルド・エマーソンさんの「何が成功か」を読んで寄付を決心したという記事も立派な素材になった。キム・ボムス議長を紹介してエマーソンさんの詩の原文を結び付けた掲示物の誕生背景だ。米航空宇宙局(NASA)の火星探査車「パーサヴィアランス」が着陸に成功したときはNASAの写真の合成イベントを掲載して読者の参加を促した。

ジョー・バイデン米国大統領の就任式当時、話題になったバーニー・サンダース上院議員のミーム(meme)も活用した。キムチの漬け込みイベント現場にバーニー・サンダース議員の写真を合成したこと。この掲示物にはアカウント登録者がそれぞれ好きなミームを掲載し、報道官室も直接コメントに「いいね」を押して回答文を掲載する誠意を見せた。

韓国的な素材だけを活用する時も多い。中央日報の宗教専門記者ペク・ソンホ氏が延世(ヨンセ)大学鉄学科のキム・ヒョンソク名誉教授をインタビューした記事「100年生きてみて分かった。絶対に幸せになれない2つの部類」という内容が代表的だ。韓国読者から大きな響きを呼び起こしたこの記事を大使館が直接共有して反響を高めた。BTS(防弾少年団)が昨年8月米国ヴァン・フリート賞を受けたことを記念して掲載したお祝いのツイートは13万件を上回る「いいね」を受けた。

外交的成果も逃がさない。文在寅大統領とバイデン大統領の初めての電話会談から、アントニー・ブリンケン国務長官のメッセージなど、主要な懸案も正確に共有する。留学情報から気候変動、両性平等まで多様性をテーマにした掲示物も活発だ。

コールマン報道官にアカウント運用するときのロールモデルを尋ねたところ、人気ユーチューバーのパク・マクレさんだと答えた。直接コールマン報道官の話を聞いてみよう。

「パク・マクレさんの率直ながらもおもしろい映像をたくさん参考にしている。JTBC出身のタレント・チャン・ソンギュさんが掲載する映像もありのままの自身を見せる姿が良い。機関の中では釜山(プサン)警察庁のフェイスブックページなどを挙げられるが、現場の生々しい映像とともに情報を伝える方式が参考になる」

コールマン報道官が韓国人読者に必ず伝えたいメッセージがある。彼は「コメントも良く、様々な方式で私たちに考えを知らせてほしい」として「私たちの意向を伝えるばかりの拡声器でなく、韓国のユーザーの方々と多様な方法で両方向で疎通したい」と強調した。
米国外交官が「コチュジャンバーガー大ヒット」…韓国で話題の中心に立った米国大使館SNS(1)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기