본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「ラムザイヤー妄言」に中国「慰安婦は強制募集…深刻な反人道的犯罪」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
中国政府が旧日本軍慰安婦被害者を「自発的売春婦」としたマーク・ラムザイヤー米ハーバード大ロースクール教授の主張を批判した。

中国外務省の華春瑩報道官は19日の定例記者会見で、ラムザイヤー教授の慰安婦関連の論文に対する立場を問われると、「慰安婦強制募集は日本の軍国主義が第2次世界大戦中にアジア地域の国民を対象に犯した深刻な反人道的犯罪」と答えた。

華春瑩報道官は「慰安婦問題に対する中国の立場は一貫して明確だ」とし「強制募集は国際的に公認された歴史的事実であり、関連証拠も非常に多い」と強調した。続いて「中国は、侵略戦争を美化し、歴史を歪曲するあらゆる行動に反対する」とし「私たちは日本が歴史を直視し、反省し、責任のある態度で慰安婦問題を処理し、国際社会の信頼を得ることを要求する」と述べた。

ラムザイヤー教授の論文の出版に反対するかという質問には、「論文を読んでいないが、慰安婦問題に対する中国の立場は明確だ」と改めて強調した後、「中国はもちろん世界すべての人が慰安婦強制募集問題をはっきりと見ている」と答えた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기