본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

駐中韓国大使「牛の精神で韓中関係発展に注力する」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

王毅中国外交担当国務委員兼外交部長(左)と張夏成駐中韓国大使[写真 駐中韓国大使館]

張夏成(チャン・ハソン)駐中韓国大使が14日、中国中央放送(CCTV)の新年インタビューで、今年一年「牛の精神」で韓中関係の発展に力を注ぐと述べた。

張大使は「中国では2021年辛丑年を迎えて三牛精神を強調している」とし「特に今年一年、韓中関係の発展に向けた革新と発展の『開拓牛』の精神を強調したい」と明らかにした。

張大使が話した「三牛精神」とは、中国の習近平国家主席が昨年12月31日の新年行事の演説で言及した言葉だ。この日、習主席は「人民に奉仕する孺子牛、革新・発展の拓荒牛、つらくても黙々と働く老黄牛の精神を発揚しよう」と述べた。

張大使は特に来年の韓中修交30周年を控え、「音楽・ドラマ・映画・観光など幅広い文化分野の協力をさらに強化することを期待する」と強調した。韓国ドラマの放送と韓国団体観光を禁止する中国政府の「限韓令」解除を期待した発言だ。

張大使は「過去1年間、中国広州の白雲国際空港が世界で最も多い乗客が利用した空港になった」とし、中国経済の回復力を評価した。続いて「今年、中国は双循環戦略を通じて内需を活性化しながらも、開放と貿易投資拡大を図るという意志を明らかにした」とし「中国が持続的な経済成長を成し遂げるのに役立つうえ、世界経済の回復にも大きく寄与するだろう」と述べた。

一方、張大使は春節(旧正月)連休の13、14日の2日間、2022年北京冬季オリンピック(五輪)が開催される張家口競技場を視察したと、中国外務省が明らかにした。中国外務省の招待で進行された行事には、ロシア・フランス・ドイツ・日本など約30カ国の駐中大使が参加した。新疆ウイグル少数民族人権弾圧疑惑のため国際社会の一部で五輪ボイコットの動きが表れている状況で、中国側が支障なく大会を開催するという意志を見せたものと解釈される。

中国の王毅外相は行事の懇談会で「パンデミックに勝利するという各国国民の信念、多数の選手の熱烈な期待を裏切らないためには、北京冬季五輪を問題なく開催しなければいけない」と述べた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기