본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国外交長官候補「金正恩委員長は『安全が保障されれば核兵器を放棄する』と話した」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官候補

韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官候補者が3日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長から韓半島(朝鮮半島)の安保状況が完全に保障される場合、核兵器を放棄することができるという話を聞いたと明らかにした。

鄭候補者はこの日、国会外交統一委員会人事聴聞会で、趙太庸(チョ・テヨン)国民の力議員が「2018年12月21日の『韓半島非核化プロセスはもう後戻りできない段階に進入した』という言葉は今でも事実か」と尋ねると、「その当時には明らかな事実」と答えた。

続いて「韓半島非核化プロセスが後戻りできない段階に進入したというのは事実でなくなった」という質問に対し「そうだ。ハノイでの決裂があまりにも残念な状況」と失敗を認めた。

続いて「2018年3月に鄭候補者が北を訪問し、金委員長から非核化の意志を確認し、米朝間の非核化交渉開始が始まったのは事実か」という質問に対し、鄭候補者は「はい」と短く答えた。

また、「金委員長が『私は非核化の意志がある』と話したのか」という質問にうなずきながら、「韓半島の安保状況が完全に保障されるなら、核兵器を(放棄するといった)」と話した。9・19南北首脳合意でもこの内容がはっきりと宣言されたと伝えた。

一方、ハノイ米朝首脳会談の決裂について「決裂は米朝双方に(責任が)ある」とし「北は状況を正確に把握できず、交渉力も未熟だった。米国は実際、当時のボルトン(元大統領補佐官)が代表するネオコン(超強硬タカ派)の『オール・オア・ナッシング(all or nothing)』という硬直した姿勢・見解が問題だった」と指摘した。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기