본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

日本、緊急事態3月上旬まで延長…五輪決定控えて「背水の陣」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
日本政府が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の拡大を抑制するために、東京都など11都府県に宣言している緊急事態を3月初めまで1カ月延長する。3月10日に国際オリンピック委員会(IOC)総会など東京オリンピック(五輪)・パラリンピック開催について決定する重要なイベントを控えて「背水の陣」を敷いたという分析だ。

菅義偉首相は2日午後、新型コロナウイルス感染症対策本部で緊急事態宣言の延長を公式に発表する。2月7日までの期間で緊急事態宣言が発令されていた東京・神奈川・埼玉・千葉など首都圏4都県と大阪・京都・兵庫・愛知・岐阜・栃木・福岡の7府県のうち栃木県を除いた10都府県の期間を延長するという内容だ。

期間は3月7日までだ。緊急事態の延長に合わせて旅行支援政策「Go To トラベル」の暫定中断および外国人入国全面禁止措置も維持される。これに伴い、企業の特別入国手続き「ビジネストラック」などを通した韓国人の日本入国も3月初旬までは難しい見通しだ。

緊急事態が宣言された地域では飲食店などが午後8時までの時短営業の勧告を受け、市民も午後8時以降の外出を自粛しなければならない。企業にはテレワーク(在宅勤務)拡大を要請し、イベント参加人員は定員の50%までに制限する。営業短縮に協力した食堂などには一日6万円の補助金が支給される。

日本の新型コロナ感染者数は緊急事態宣言4週間目に入り、顕著な減少を示している。首都圏に緊急事態宣言が発令された先月8日の一日7800人から、今月1日には1792人まで落ちた。週末の検査数減少を勘案しても、鎮静化に向かっているのがはっきりと分かる。

だが、専門家は現時点で防疫の手綱を緩める場合、再び感染者が急増する可能性が非常に高いと見ている。これに伴い、11都府県すべてに延長を宣言するべきだという案もあったが、そうすれば対応が不十分だったと認めることになるため、政府は早い段階から栃木県の解除に傾いていたと毎日新聞は伝えた。

特に3月は東京五輪・パラリンピック開催について決まる時期だ。3月10~12日に開かれるIOC総会で五輪を継続して推進するか中止するかが決まる可能性が高い。3月25日には五輪聖火リレーが始まる。読売新聞は日本政府の緊急事態宣言の延長を五輪開催を確実にするための「背水の陣」と解釈した。

もし緊急事態宣言を延長しても新型コロナの拡大を抑制できず五輪開催が失敗に終わる場合、菅首相は退陣まで追い込まれかねない大きな危機を迎えることになる。自民党内でも五輪が中止になれば「政局になる(政治的な重大局面を迎える)」との声が漏れると読売は伝えた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기