본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ジョンソン首相「新型コロナ起源はセンザンコウ」…中国は反論

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
ジョンソン英首相が新型コロナウイルス感染症の起源に「センザンコウ」を挙げた。センザンコウの最大需要国の中国は「根拠のない推測」と反論した。

13日(現地時間)の英デイリーメールなどによると、ジョンソン首相は11日、マクロン仏大統領が主催した「ワンプラネット・サミット」オンライン行事での演説で、新型コロナについて「新型コロナのパンデミックは自然と人間の不均衡の産物ということを忘れてはならない。我々が自然を保護しない限り、地球とバランスと保つことはできない」と述べた。続いて「古代ギリシャ人を襲った最初の疫病のように、新型コロナも野生動物から始まったウイルス」とし「コウモリやセンザンコウを捕獲しながら始まった。我々はこれをやめるべきだ」と指摘した。

ジョンソン首相は中国を名指ししなかったが、中国がセンザンコウの最大需要国であることを考えると事実上、中国に向けた発言と解釈される。特にパンデミック発生初期から、新型コロナウイルスが中国湖北省武漢地域のコウモリから始まり、センザンコウなど野生動物の宿主を経て人間に伝播したという仮説が出ていた。

中国外務省の趙立堅報道官は「根拠のない推測や誇張された論争は新型コロナの起源を解明しようとする国際協力を妨げる」と批判した。華春瑩報道官も「新型コロナの起源地は科学的に接近すべき」とし「過度な推測と憶測は国際社会の分裂を招くだけ」と批評した。

これまで中国は湖北省武漢は新型コロナが最初に発見されたところであって起源ではないという立場を堅持してきた。

一方、ジョンズ・ホプキンス大によると、2019年12月31日に新型コロナが世界保健機関(WHO)に報告されて以降、現在まで世界の感染者数が9000万人を超えたという。死者は200万人に迫っている。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기