본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

元BIGBANGのV.I、特殊暴行教唆容疑で追加起訴…暴力団が関与

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版

グループBIGBANGの元メンバー、V.I.さんが9日午後、江原道鉄原郡(カンウォンド・チョルウォングン)陸軍第6師団新兵教育隊に入所している。パク・セワン記者

元BIGBANGのV.I(イ・スンヒョン)が特殊暴行教唆の疑惑にさらに持たれた。

14日午前、京畿龍仁市(キョンギ・ヨンインシ)地上作戦司令部普通軍事裁判所でV.Iの第7回公判が行われた。売春斡旋などの容疑がかけられているV.Iに対する証人尋問が予定された。

証人尋問に先立ち、裁判所はV.Iが追加疑惑で今回の裁判で事件を併合すると知らせた。V.Iは居酒屋でぶつかった一行を暴行するように教唆した疑いが持たれている。

検事は「V.Iは知人と酒を飲んでいたところ、被害者が内室を覗いて見る過程で争いがあった。これに腹が立ったV.Iは団体チャットルームにこの件を知らせながらユ・インソクとキム・インチョルなどに急いで来てほしいと連絡した。V.Iはユ・インソクにけんかを売った人を指して知らせ、暴力団イーグルス派に威力を行使することを教唆した疑い」と説明した。

これでV.Iにかけられている容疑は売春斡旋、売春、性暴行犯罪の処罰などに関する特例法違反、常習賭博、外国為替取引法違反、食品衛生法違反、業務上横領、特定経済犯罪加重処罰などに関する法律違反横領など既存の8件に特殊暴行教唆容疑まで9件に増えた。この中でV.Iは外国為替取引法違反の容疑だけを認めた。

追加疑惑に対してもV.Iの弁護人側は「公訴事実を否認し、詳しい記録を閲覧してから立場を明らかにする」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기