본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ピクサーで初めて黒人主人公を作った韓国人アニメーター

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

アニメーション『ソウルフル・ワールド』に参加したアニメーター、キム・ジェヒョンさん。左は彼が作業したピクサーの初めての黒人主人公ジョー。[写真 ウォルト・ディズニー・カンパニー・コリア]

ハリウッドアニメーションの名家とされるピクサーの新作『ソウルフル・ワールド』(20日公開予定)で主人公キャラクターを担当した韓国人アニメーターがいる。演出を引き受けたピート・ドクター監督と『アップ』『インサイド・ヘッド』に続き、3番目に参加したキム・ジェヒョンさん(48)だ。12日、彼をビデオインタビューで会った。

『ソウルフル・ワールド』はニューヨークの音楽教師ジョー(ジェイミー・フォックス、以下声優出演)が一生夢見てきたジャズ舞台に立つことになったその日、墜落事故で思わずソウルの世界に渡り、人間になることを拒むソウル22番(ティナ・フェイ)に出会って生死を行き来した冒険に立ち向かう内容だ。幻想的な絵と美しいジャズ旋律を追うと「どのように生きるのが幸せなのか」という重たい質問にたどり着く。夢が盲目的な目標になる瞬間、人生を蝕むかもしれないというメッセージも投げかける。

40代黒人男性ジョーとソウル状態のジョー、猫になったジョーに加えてソウル22番の身の動作・感情表現などキャラクター作業をキムさんが引き受けた。韓国で医師として働いて30歳が過ぎてアニメーターの夢を追って米国行き留学に行った彼には今回の映画がさらに格別だったという。「もう少し余裕を持って楽しみながら生きたいとの映画のメッセージに共感」したからだ。

延世(ヨンセ)大学医大を卒業した彼が研修医1年目に安定した人生をあきらめたのも「さらに楽しくできることを探すために」だった。2003年米国アカデミー・オブ・アート大学に入学してコンピュータアニメーションを勉強し、2006年ピクサーにインターンとして就職して『レミーのおいしいレストラン』などに参加した。その後、ゲーム会社「ブリザード・エンターテイメント」にもしばらく籍を置いたが、2008年ピクサーに戻って『カールじいさんの空飛ぶ家』『トイ・ ストーリー』『カーズ』シリーズ、『モンスターズ・インク』『インクレディブル・ファミリー2』『2分の1の魔法』などを作った。

『ソウルフル・ワール』は彼にとって挑戦の意味も大きかった。熱心に夢を追う既存の希望的なピクサー映画に比べて雰囲気が暗かったためだ。「初めてシナリオを見て驚きました。観客に簡単に声を掛けられるように気を付けて作業しました」。

ピクサーでは初めて主人公が黒人である作品だ。彼は「多様性を強調してきたピクサーの努力の頂点になり得る作品」と説明した。共同演出者ケンプ・パワーズをはじめ、黒人文化で育った同僚の助言と実生活の映像を参考にして劇中キャラクターの詳細な「延期」に反映した。

『カールじいさんの空飛ぶ家』『インサイド・ヘッド』でアカデミー長編アニメーション賞を2回受賞したピート・ドクター監督はピクサーでも目が高いことで有名だ。ジョーがジャズバンドのオーディションを受ける場面が最も難しかったという。実際、ピアノをひく時のように正確な鍵盤に合わせて指を表現して夢中になるジョーの感情まで表わすことが求められた。

「監督は実際のピアニストがピアノをひく時よりはるかにやわらかい体の動きと夢中にあるような表情を望みました。そうなるとピアノをひく感じがしないかもしれないと思ったが、結果的に監督の言葉通りだった」

『ソウルフル・ワール』は新型肺炎で米国では劇場公開なしに先月ディズニーのOTTプラットホーム「ディズニープラス」で公開された。彼は「普段子供だけを劇場に送って(自身はアニメーションを)観なかった方もストリーミングを通じて意外にたくさん観ているようだ。今のように厳しい状況でこの映画がソウルフードのように(心を)癒やせば良いだろう」と話した。「韓国では劇場で公開することになりうれしい。とても頑張った。防疫守則をよく守って多くの方々が楽しんで癒やされれば良いと思う」。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기