본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

自民党外交部会長、慰安婦判決に「目に見える対抗措置を取らないといけない」

ⓒ 中央日報日本語版
12日に開かれた自民党外交部会では日本政府が韓国の慰安婦賠償判決に対抗措置を取るべきとの声が出てきた。

自民党の佐藤正久外交部会長は会議後記者団に「日本の主権を侵害する由々しき事態だ。政府は目に見える対抗措置を取らないといけない」と話したと日本メディアが伝えた。

また、出席した議員からICJへの提訴のほか相星孝一次期駐韓日本大使の韓国赴任時期を遅らせたり、姜昌一(カン・チャンイル)次期駐日韓国大使のアグレマン(同意)を見直すべきとの意見も出てきた。

自民党外交部会などは15日以降、具体的な対抗措置を政府に申し入れるという。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기