본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【コラム】韓日「シーズン2」政権の墜落パターン

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

【コラム】韓日「シーズン2」政権の墜落パターン

「政治家盧武鉉(ノ・ムヒョン)」を深く取材する機会は多くなかった。だが絵のように頭に刻まれている場面がある。2002年8月に釜山海雲台機張(プサン・ヘウンデ・キジャン)甲選挙区の国会議員補欠選挙の時だ。激戦区で出馬した側近の援護射撃に出た新千年民主党の大統領候補盧武鉉が同行記者らと食堂で向かい合って座った。当時は「盧風」が一段と弱まり支持率は下落を繰り返していた。席に座るや彼は「なぜ私の気持ちをわかってくれないのか~」と自作曲のよう歌の歌詞を口ずさんだ。記者らに箸を配りながら笑ったりもした。だが不利な補欠選挙の状況などから食事の雰囲気は盛り上がらなかった。その日にした話もよく思い出せない。ただ恥ずかしがり屋の大統領候補がぎこちない雰囲気を破ろうと悪戦苦闘していたという記憶だけ残っている。勝負師の裏面だった。それから4カ月余り後に彼は曲折の末に大統領選挙で勝利をつかんだ。

悲劇的な結末ほどに盧武鉉政権5年は波乱万丈だった。2004年に弾劾訴追案が可決された日に彼が話したという「私の政治が過激なようだ。こんなに度々コーナーに追い詰められるのを見れば…」という言葉通りだった。盧武鉉式政治に対しては「改革と反改革に国民を組分けする」という批判が激しかった。だが参謀は「陣営論理に振り回されないよう意識的に努力した大統領」と証言する。「生涯の目標は国民統合」という話をたびたびし(尹太瀛『記録』)、「支持者らだけの大統領を続けてはならない」という悩みを常に持って生きていたということだ。(尹太瀛『馬鹿、山を移す』)

彼は「親米保守」に近い金熙相(キム・ヒサン)氏を国防補佐官、潘基文(パン・ギムン)氏を外交補佐官として青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)に抜擢し、進歩色が濃厚な閣僚・参謀を牽制させた。保守でも実力派は主要国の大使に起用した。韓米FTAとイラク派兵のように「親盧」が嫌がる政策も必要ならば決断した。「左のウインカーを点灯して右折する」という話もそこから出てきた。それでも彼が望んだほど国民の歓心を買うことはできなかった。越えるのが難しい壁だった。2007年12月の大統領選挙で勝利した李明博(イ・ミョンバク)氏との電話でこんな話をした。「私も大統領をやってみたら、やはり大統領という席は特別で、すべての国民が協力をしなければならない席です。…世の中は大統領の思い通りにいかないことが多いです」。

だれが何といっても「盧武鉉シーズン2」が明らかな文在寅(ムン・ジェイン)政権の5年目が憂鬱に始まった。国政運営の肯定評価は最低値、否定評価は最高値が連日更新される。不動産政策の失敗、国民を仲間割れに追いやった秋美愛(チュ・ミエ)氏と尹錫悦(ユン・ソクヨル)氏の戦争での敗北が決定打だった。

事実、シーズン2が成功するための要件は簡単だ。シーズン1の長所は生かし、弱点を補完すれば良い。「すべての国民の協力」を得られなかったシーズン1を反面教師にすれば良い。だが現実は反対に進んだ。熱烈支持者の非道なスタイルも「エッセンス」と保護を受けた。「支持者らだけの大統領になってはならない」という悩みは立つ場所がなかった。国政の均衡のため反対側陣営を登用したという話はまだ聞かれない。3年8カ月前の就任辞で「国民すべての大統領になる。きょうは真の国民統合が始まる日」という内容があったという事実に驚く人も多い。支持率下落後に「統合」「包容」を叫んでも力は入らない。シーズン1では「検事との対話」で若い検事らと対決する場面もあった。だが決起と正面勝負が消えたシーズン2では「秋尹対立」に対する退屈な沈黙神で代替した。このままでは前編よりもさらに苛酷な興行成績が待っているかもしれない。

興行に失敗したシーズン2は韓国だけでなく隣国日本でも進行中だ。安倍政権のアバターと呼ばれる菅政権から民心が離れている。

60~70%で出発した支持率は就任4カ月で半分になった。理由は韓国とそっくりだ。安倍氏の失敗に学ぶことができなかった。7年8カ月にわたる安倍政権の最大の問題は国民との疎通不足だった。「仕事はうまくやるが国民を無視する」という批判が常に付いて回った。庶民出身首相として華麗なスポットライトを浴びた菅首相だったが、疎通と融通性はむしろ「お坊ちゃん出身」の安倍氏にも及ばない。日本学術会議新規会員任命時に反政府性向の教授6人を脱落させた。国民には会食自粛を要請したが本人は7人で集まり高級ステーキで忘年会をした。日本の知人らは「むしろ安倍氏が懐かしい」と話す。シーズン1の長所は消え弱点だけ深刻化すること、韓日両国のシーズン2政権が似たパターンで危機を迎えた。

ソ・スンウク/政治チーム長

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기