본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

副部長に降格された金与正氏、韓国の軍事パレードの追跡に「激しい暴言」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

金与正氏

金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の妹である金与正(キム・ヨジョン)が労働党第1副部長から副部長に降格されたことが分かった。朝鮮中央通信は13日、金与正氏名義の談話を伝えながら与正氏を労働党中央委副部長に肩書を紹介した。

金与正氏は今回の党大会で肩書が上昇するだろうという見方が多かった。しかし、10日行われた中央指導機関選挙で党の核心組織の政治局候補委員から排除され、続いて副部長に一段階低くなった。組織指導部のチョ・ヨンウォン第1副部長が組織指導部長の上級職位である組織秘書に上がり、政治局常務委員に選出されたことと対照的だ。

金与正氏の降格の理由については公開されなかった。ただし、金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長(現秘書)と崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官外務省第1副長官など対南および対米交渉の主役が今回の党大会でそれぞれ秘書から統一戦線部長、中央委委員から候補委員に降格されたということから南北関係を総括する金与正氏も関係があるだろうという観測だ。

一方、金与正氏はこの日、談話で党大会の一環として北朝鮮が準備している軍事パレード行事に注目している韓国政府当局に向かって「特等バカ」とし、「必ず後に計算されるべきだろう」と威嚇した。

金与正氏は12日付談話で「今わが首都では党第8回大会が成果的に行われており、まもなく大会事業の成功を祝う様々なな行事も予想されている」として「ところが、奇怪なのは南朝鮮合同参謀本部が10日深夜に北朝鮮が軍事パレードを開催した情況を捕らえたとか、精密を追跡したとかいって中身のないことを吐きだしていること」といった。また「われわれが首都でその誰かを狙って軍事演習をしたわけでもなく、何かをぶっ飛ばそうとしているわけでもないのになぜあのように首を伸ばして人の家の様子を伺うために苦労されているのか」とし「あの町の人々は真に理解し難い奇怪な種族、右に出るものがない特等バカ」と非難した。

金与正氏は「あんなにのんきで人のうちの慶祝行事を『精密追跡』しようと軍事機関を前面に出しているのか…?」とし、「いつかは私から言おうとしたが、このようなことも必ず後に計算されるべきだろう」と主張した。北朝鮮は党大会開幕8日ぶりである12日党大会決定書を採択し、金正恩国務委員長の閉会の辞を最後に終了した。

金委員長は党大会の結論で「核戦争抑制力をより強化しながら最強の軍事力を育てることに尽力を尽くさなければならない」と強調した。5日開幕した第8回党大会は1970年12日間行われた第5回党大会に続いて過去2番目に長期間開かれた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기