본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

イタリアの医師、ファイザーワクチン1回目接種から6日後に新型コロナ感染

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ワクチン

イタリアのある医師が米国製薬会社ファイザーとドイツ・ビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチンを接種してから6日後に陽性判定を受けた。

3日(現地時間)、現地メディアのイル・メッサジェッロ(Il Messaggero)などによると、シチリア州シラクーザ県にあるウンベルト1世病院に勤務する医師アントネッラ・フランコ(Antonella Franco)さんは先月28日、シチリア州都パレルモでファイザーワクチンの1回目の接種を受け、その6日後である今月2日、新型コロナ陽性反応を示した。

保健当局は正確なウイルス感染時点を把握するための詳しい疫学調査を進めているとし、ワクチン接種以降に感染したとしてもワクチンの効能に疑問を持つ状況ではないと説明した。

イタリア政府所属の保健高等諮問委員会(Consiglio Superiore di Sanita)を率いる元医師のフランコ・ロカテッリ(Franco Locatelli)委員長も「ワクチンの接種を2回受けてこそ免疫システムが完全になる」とし、予想外のことでないと話した。ロカテッリ氏は「治験でも1回目の接種後に感染事例が報告されている」とし「ワクチンを1回打ったからといって決して安心してはいけない理由」と付け加えた。

ファイザーワクチンは3週間隔で2回接種しなければならない。ファイザーはこのような方式に従ってこそ95%以上の予防効果を得ることができると明らかにしていた。

フランコさんもワクチン接種を断念するつもりはないと明らかにした。フランコさんはメディアに対して、残りのワクチン接種も受けるとし「ワクチンがウイルスとの戦いで勝利する唯一の機会である点を喚起したい」と語った。

一方、3日基準でイタリアの新型コロナ新規感染者数は1万4245人。累積感染者は215万5446人、死亡者数は7万5332人だ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기