본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

国連「武漢市民記者懲役4年に深い懸念…釈放要求」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
国連人権高等弁務官事務所が中国湖北省武漢市の新型コロナウイルス事態を報道した中国の市民記者が懲役4年を宣告されたことに対し深い懸念を示した。

人権高等弁務官事務所は28日に公式ツイッターを通じ、「われわれは市民記者の張展氏に懲役4年が宣告されたことに深く懸念している」と明らかにした。

続けて「われわれは継続して彼女の事件は新型コロナウイルス関連表現の自由に対する過度な取り締まりの一例だと当局に提起してきた。われわれは引き続き張氏の釈放を要求している」と付け加えた。

弁護士出身である張氏は2月に新型コロナウイルス発生地である武漢を訪問し封鎖状況などをユーチューブで生中継して中国の対応を批判した。

その後当局は「公共秩序騒乱罪」の容疑で張氏を逮捕した。

現在中国では李沢華氏、陳秋実氏、方斌氏など新型コロナウイルスと関連して当局を批判した別の市民記者3人も張氏と同じ容疑で逮捕され裁判を待っている。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기