본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

BoAの向精神薬違法輸入容疑、「麻薬キラー」中央地検初の女性強力部長が担当

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

歌手BoA(左)、元智愛(ウォン・ジエ)ソウル中央地検強力部長 [写真=インスタグラム、最高検察庁]

歌手BoA(本名クォン・ボア、34)が海外から向精神薬を違法に持ち込もうとした疑いで16日、検察の事情聴取を受けた。事情聴取をしたソウル中央地検凶悪犯罪刑事部の責任者は元智愛(ウォン・ジエ)部長検事だ。

元部長検事は8月、ソウル中央地検では初めて女性強力部長に任命された。最高検察庁麻薬課長だった元部長検事は2015年、麻薬捜査に関する専門性が認められ、2級公認専門検事である「ブルーベルト」を受けた。2級ブルーベルト検事196人のうち唯一、麻薬分野のタイトルを持つ。

◆元智愛部長検事、9月にYGエンタテインメント関連捜査

元部長検事は先月、中国にコールセンターとサーバーを置いて偽先物取引サイトを開設し、1900億ウォン(約180億円)を集めた暴力団の一党40人を摘発し、27人を起訴した。9月にはヤン・ヒョンソク前YGエンタテインメント総括プロデューサー(代表)が所属芸能人に関する覚せい剤投与陳述を覆してほしいと要請したかどうかを確認するため公益情報提供者を召喚した。

BoAは所属事務所の日本支社の職員を通じて、海外で処方されたゾルピデムなど向精神薬を国内職員の名義で持ち込もうとして摘発された。所属事務所のSMエンターテインメントは17日、「違法に搬入しようとしたのではなく、無知による失敗だった」とし「職員が現地の病院で正常な手続きを踏んで薬品を受けたが、海外で正常に処方されたとしても韓国で問題になるということを認知していなかった」と説明した。

BoAと所属事務所の職員から事情聴取した検察は経緯や故意性を検討し、起訴するかどうかを決める方針だ。一部では、強制捜査を通じてBoAがいつからゾルピデムに依存したかを確認する必要があるという意見も出ている。麻薬捜査の経験がある検事出身の弁護士は「韓国で処方されるゾルピデムの量に限界がある場合、外国から国際特送郵便で確保する場合が時々ある」と紹介した。

精神健康医学専門医も似た分析をする。睡眠導入剤として使用されるゾルピデムは一日に一粒ほど処方が可能だが、耐性が生じれば数百粒まで服用する事例があるという。しかし過多処方する場合、記録が政府機関に通知されるため、芸能人の場合、正常な手続きで薬を受けるのを避けるということだ。

◆「芸能人、初期治療を避けて依存症状悪化するケース多い」

食品医薬品安全処も9月、ゾルピデムの安全使用基準を決めた。乱用や依存性を招くおそれがあり、一日10ミリグラムを超過して処方してはならず、治療期間は4週を超えないよう規定を設けた。4週ごとに病院に行って処方せんを受ける必要があるということだ。

匿名を求めた精神健康医学専門医は「なぜ眠れないのか、耐性がどのように生じたのかについて診断を受けるべきだが、芸能人は社会の耳目のため難しい」とし「隠して初期の中毒症状を治療できず問題が大きくなることがある」と話した。ゾルピデムはメタンフェタミンのような快感のための幻覚成分ではなく、痛みや不安を避けるための鎮静剤に分類される。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기