본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

中国、コロナ発生初期の感染者数を縮小発表=CNN報道

ⓒ 中央日報日本語版
中国が新型コロナウイルス感染症の発生初期に感染者数を縮小していたことを表す中国政府の機密文書が公開された。

米CNN放送は11月30日(現地時間)、匿名の中国医療従事者が情報提供した湖北省疾病管理予防センターの内部機密文書を紹介した。この文書には、新型コロナ事態の初期、地域保健当局が集計した感染者数と死者数を中央政府が縮小して公開し、保健当局も装備が不十分で実際の被害規模を正確に把握できなかったという内容が含まれている。

CNNは「中国が新型コロナ関連の主要事項を故意に隠したという証拠はないが、当局が当時把握していた内容と大衆に公開した内容がさまざまな面で一致しないという点が文書に表れている」と評価した。

今年2月7日、中国中央政府は全国で2478人の新規感染者が発生したと発表した。しかし文書によると、同日、湖北省保健当局は新規感染者数を5918人と把握していた。政府の発表の倍を超える。3月7日にも中国の公式資料によると、湖北省内の累計死者数は2986人だったが、現地保健当局は3456人と集計していた。

CNNが入手した文書には、政府内の官僚主義のために湖北省保健当局の新型コロナ対応が制限されたという内容もある。

文書には「新型コロナ事態の初期に湖北省疾病管理予防センターは疫学調査、予防政策の用意、政策提案などで主導的な役割ができなかった」「疾病管理予防センターは上層部から伝えられた課題を受動的に遂行し、専門力量を発揮できなかった」と書かれているという。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기