본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

中国次世代ステルス爆撃機「ハワイまで爆撃可能」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

中国次世代ステルス爆撃機

中国が開発している長距離ステルス戦略爆撃機H-20がグアムだけでなくハワイまで攻撃できるという見通しが出された。

香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは26日、英国王立防衛安全保障研究所(RUSI)が先月末にまとめた報告書を引用し、中国の次世代戦略爆撃機H-20が米軍のグアム基地だけでなくハワイ基地まで攻撃できると報道した。

H-20はステルス戦闘機J-20、大型輸送機Y-20、中型輸送ヘリZ-20などに続く次世代軍用飛行機だ。RUSIは「H-20が人民解放軍空軍の既存政策と装備開発において『重大な変化』を象徴することになるだろう。これは中国が名実ともに大陸間戦闘能力があることを見せることになるだろう」と予想した。

同紙は、米国防総省が8月の報告書でH-20の飛行距離を米軍グアム基地まで到達できる8500キロメートルと予想したが、他の軍事専門家らはハワイまで攻撃できる1万2000キロメートルとみていると報道した。中国の軍事専門家宋忠平氏はH-20が中国の「3大核戦争力」構築の一環として米国領土まで到達できるよう設計されたと話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기