본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

彼を崇拝する宗教まで…「サッカーの神」マラドーナ氏、60歳で神のもとへ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

1986年W杯当時のアルゼンチン代表のマラドーナ氏(左)と韓国代表のパク・チャンソン氏(右)。 [写真=大韓サッカー協会]

サッカー界のスーパースター、ディエゴ・マラドーナ氏が死去した。60歳だった。AFPなど海外メディアは25日(現地時間)、マラドーナ氏がアルゼンチン・ブエノスアイレス州ティグレの自宅で心臓発作で死去したと報じた。マラドーナ氏は3日に硬膜下血腫の手術を受け、1週間後の11日に退院した。

マラドーナ氏はペレ氏と共にサッカー史上最も偉大な選手に挙げられる伝説的なサッカースターだ。ペレ氏は「サッカーの皇帝」と呼ばれたが、マラドーナ氏には「悪童」という修飾語がついた。グラウンド内外での言動とプレーでファンの愛と憎悪を同時に受けた。

1986年のメキシコワールドカップ(W杯)では5得点し、アルゼンチンを優勝に導いた。最優秀選手にも選ばれた。イングランドとの準々決勝ではマラドーナ氏の手に当たって入ったゴールが得点として認められた。ビデオ判定システムがなかった時代に時々あったことだ。試合後、マラドーナ氏はインタビューで「神の手と頭によるゴール」と語った。その後、「神の手」はマラドーナ氏のニックネームになった。しかしマラドーナ氏は5分後、ハーフラインから相手選手6人を抜き、GKまでかわしてゴールを決めた。そのゴールは今でもサッカー史上最高のゴールと評価されたりもする。

メキシコW杯でマラドーナ氏はグループリーグで韓国とも対戦した。許丁茂(ホ・ジョンム)氏は珍島(チンド)犬のようにマラドーナ氏に食らいついた。韓国の激しいタックルをマラドーナ氏はテコンドーに例えて非難し、太拳サッカーという言葉も出てきた。マラドーナ氏はゴールを決めていないが、アルゼンチンは3-1で勝利した。韓国の1得点はパク・チャンソン氏が入れた。

マラドーナ氏は1960年10月30日、ブエノスアイレスで3男4女の第1子として生まれた。貧民街でサッカーの実力が優れていたマラドーナ氏は、アルヘンティノス・ジュニアーズに入団して本格的にサッカー選手の道を歩み始め、16歳でプロデビューした。その後、アルゼンチンの名門ボカ・ジュニアーズを経て、FCバルセロナ、SSCナポリ、セビージャFCなどでプレーした。

マラドーナ氏が最も大きな足跡を残したチームはイタリアのナポリだ。マラドーナ氏が入団するまでナポリは一度も優勝をしたことがないチームだった。しかしマラドーナ氏が加入してから成績が上がり、1987年には史上初めてリーグを制した。1989年にナポリは欧州サッカー連盟(UEFA)カップで優勝し、1990年にもまたリーグ優勝を果たした。マラドーナ氏はナポリでも神のように崇められている。ナポリはマラドーナ氏が去った後、今までリーグ優勝をしていない。

ナポリで188試合に出場して81得点するなど、クラブチームで計491試合に出場、計259得点をマークした。

1979年世界ユースW杯ではチームを優勝に導いて最優秀選手に選ばれた。アルゼンチン代表では1977年から1994年まで91試合に出場し、34得点した。アルゼンチンでマラドーナ氏を後継するスターは断然リオネル・メッシだ。しかしリオネル・メッシはマラドーナ氏とは違い、まだアルゼンチン代表をW杯優勝に導いていない。

マラドーナ氏はアルゼンチン代表、アラブ首長国連邦のアル・ワスル、 アル・フジャイラなどで監督を務めたが、選手時代とは違って目を引くような成績は残せなかった。2008年にアルゼンチン代表の監督を務め、2010年南アフリカW杯に臨んだが、準々決勝でドイツに0-4で敗れた。

グラウンドで創意的なプレーを見せたマラドーナ氏は、日常生活では問題児だった。ナポリ所属だった1992年にはコカイン使用が明らかになり、15カ月間の資格停止になった。イタリアでは税金をまともに納めず、後にイタリア入国時に高価な時計と宝石を押収された。別荘まで追いかけて取材をする記者に空気銃を撃ち、法廷に立つこともあった。政治的にはキューバのフィデル・カストロ議長、ベネズエラのウゴ・チャベス大統領を熱烈に支持する反米主義者でもある。

衝動的で熱情的なエネルギーあふれるマラドーナ氏は、アルゼンチンでは神のような存在だ。アルゼンチンには実際、彼を崇拝するマラドーナ教が存在する。

アルゼンチンのアルベルト・フェルナンデス大統領はツイッターを通じて「あなたは私たちを世界の頂点に導き、幸せを届けてくれた。あなたはすべての中で最も偉大だった。私たちと一緒にいてくれてありがとう。あなたがいなくなるのは寂しくてならない」と弔意を表した。

ペレ氏は「きっといつか天国で私たちは一緒にボールを蹴ることになるだろう」と同僚の死を悼んだ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기