본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【グローバルフォーカス】バイデン氏の勝利が韓米同盟に示唆すること

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
米大統領選挙でジョー・バイデン氏が勝利し、民主党は議席数減少という残念な結果を得た。民主党内では舌戦があった。中道性向議員は党の左派性向強化で選挙で被害を受けたと批判し、進歩性向側は支持者がバイデン氏の当選に懐疑的だったと主張した。一方、トランプ大統領は不正選挙、郵便投票操作などを主張して選挙の結果を認めず、品位と規範に背を向けている。米国は混乱しているが、韓米同盟には有益な結果が出た。今回の選挙は韓米同盟に5つの意味を持つ。

(1)在韓米軍は撤収しない=共和党の上院議員はトランプ大統領が議会の承認なく在韓米軍を撤収させないよう関連法案を発議してきた。共和党議員はトランプ大統領が▼防衛費分担金特別協定を決裂させる▼韓半島(朝鮮半島)平和宣言を推進する▼在韓米軍の撤収を命じる▼費用を削減したと自評し、ノーベル平和賞を要求しようとすると考えた。もうそのようなリスクは消えた。

(2)バイデン-金正恩の会談はない=バイデン氏は外交の難題を解決しなければならない。まず▼欧州同盟国の信頼を回復する▼国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)に復帰する▼世界保健機関(WHO)など多国籍機構に再加入する▼中国およびロシアと競争する▼トランプ大統領が米国の外交政策にもたらした損失を埋める。しかしこうした問題もバイデン政権の課題の最優先順位に入らない。米国人は何よりも新型コロナと経済に集中することを期待している。大統領選挙の討論でバイデン氏は北朝鮮の非核化意志が確認される場合、専門家らと十分に議論した後、金正恩(キム・ジョンウン)委員長に会うと述べた。

(3)数カ月間は危険も=北朝鮮は米国の政権が交代するたびに挑発した。ブッシュ政権の発足当時は濃縮ウランプログラムを拡大した。オバマ政権初期には核実験を実施した。幸い、米国の高官らはいつよりもよく準備できていて、韓国側との協力も円滑だ。

(4)民主主義が回復する=デモ参加者の険悪な活動と米国の政治的二極化にもかかわらず、米国は過去最大の投票率を記録した。選挙は外部勢力の介入や不正なく平和に進行した。民主主義はバイデン外交政策の核心の価値だ。就任後の最初の動きは韓国を含む民主主義国家との首脳会談になるだろう。バイデン氏の周辺の民主主義専門家らはトランプ大統領が「能力者」戦術に酔う間、青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)で表れた若干の権威主義的傾向を心配している。

(5)トランピズムは死んでいない=今回の選挙で最も残念な部分は、トランプ大統領が再選に失敗してもトランピズムは生きているという点だ。トランピズムとは何か。トランプ追従は米国全域の小都市と地方に居住する白人米国人の反エリート的政治性向を反映し、彼らは外交政策に対する関心が大きくない。トランプ大統領が2024年にまた大統領選挙に挑戦したり、誰かが彼の役割を代行する時、支持しようとするこの人たちは2つの類型に分類される。海外駐留中の米軍の撤収に賛成するランド・ポール上院議員(ケンタッキー州)のような部類、強硬保守外交政策を好むトム・コットン議員(アーカンソー州)のような部類だ。この人たちは韓米同盟にも影響を及ぼすことも考えられる。

この5つが文在寅(ムン・ジェイン)政権に示唆することは何か。答えはこうだ。バイデン政権に米朝会談を推進すべきだと説得するのに時間を浪費してはいけない。韓国が米国の東アジア政策をどんな形で支援できるかを考えるべき。コロナ時代に韓国が遂行する国際的な役割について悩む必要がある。大韓民国の民主主義的規範にもっと注意を向けなければいけない。

マイケル・グリーン/戦略国際問題研究所(CSIS)上級副所長

◇外部執筆者のコラムは中央日報の編集方針と異なる場合があります。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기