본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

トランプ陣営、300万ドル送金してウィスコンシン州の再集計要請

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

トランプ米大統領

米大統領選挙の敗北を認めないトランプ米大統領の陣営が、惜敗地域のウィスコンシン州のカウンティ2カ所で制限的な票の再集計を要請すると18日(現地時間)、明らかにした。

CNNなどによると、トランプ陣営は部分的な票の再集計のため、ウィスコンシン州選挙管理委員会に300万ドル(約3億円)を送金した。先週、ウィスコンシン州選管委は州全体の票の再集計には790万ドルかかると明らかにした。

選管委は「ウィスコンシン州選挙管理委員会(WEC)はトランプ陣営から300万ドルの送金を受けた」とし「まだ公式的な申請書は受けていないが、トランプ陣営はWECの職員に今日中に申請書を出すと明らかにした」と説明した。

トランプ陣営は声明で、ウィスコンシン州で不在者投票用紙が不法に発給されて変造され、有権者の身元を確認することになっている法律を避けられるよう公務員が不法な助言を提供した、と主張した。

両カウンティではバイデン氏が57万7455票を獲得し、州全体ではトランプ大統領より2万608票多かったと、AP通信は伝えた。ワシントンポスト(WP)はトランプ大統領がウィスコンシン州で0.6%ポイント差で敗れたと報じた。

ウィスコンシン州法によると、1%ポイント以下の差で敗れる場合、敗れた側が票の再集計を要求することができる。申請期限はこの日午後5時までだ。0.25%ポイント以下で敗れた場合、州の費用で票の再集計をするが、それより差が大きい場合は再集計を申請した側が先払いで費用を負担しなければならない。

WPは両カウンティで約80万4000人が投票したと伝え、「両カウンティだけで票の再集計をすれば費用は抑えられるが、差を埋める十分な票が出てくる可能性ははるかに低くなる」と指摘した。CNN放送は「専門家らは、票の再集計が開票の結果を覆すほど十分な票を移動させる可能性はきわめて低いと話している」と伝えた。

2016年の大統領選挙で緑の党のジル・スタイン候補がウィスコンシン州の票の再集計を要請した結果、トランプ大統領の票が131票増加するのにとどまったと、CNNは伝えた。

州選管委員長の承認を経て票の再集計は早ければ19日に始まるとみられる。票の再集計は選管委が選挙の結果を認証しなければならない12月1日までに終える必要がある。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기