본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国元老俳優ソン・ジェホさん出棺…「温かい笑顔を残した俳優」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ソン・ジェホさんの葬儀室がソウル江南区サムスンソウル病院葬儀場に用意された。ソン・ジェホさんは7日午後6時、持病で死去した。享年83歳。出棺は10日午前に予定された。[写真 共同取材団]

俳優ソン・ジェホさんが永遠の安息に入る。

ソン・ジェホさんの出棺式が10日午前8時30分、ソウル江南区逸院洞(カンナムグ・イルォンドン)のサムスンソウル病院葬儀場で執り行われた。埋葬地はエデン楽園だ。

ソン・ジェホさんは7日午後6時、持病で亡くなった。故人は持病で長い間闘病生活をしてきたことが分かった。

1937年平安南道平壌(ピョンアンナムド・ピョンヤン)で生まれたソン・ジェホさんは東亜(トンア)大学国語国文学科を卒業、1959年KBS釜山(プサン)放送総局の声優としてデビューした。1964年映画『学士酒屋』を通じて演技に入門し、1968年KBS特別採用タレントに選抜されて本格的に演技者の道を歩み始めた。

その後、故人は50年間200編以上の作品に出演し、ドラマや映画を行き来して国民俳優として存在感を誇り、映画『その年の冬は暖かかった』『ヨンジャの全盛時代』『殺人の追憶』『ユゴ 大統領有故』『光州5・18』『あなたを愛しています』ドラマ『王と妃』『商道』『拝啓、ご両親様』など数多くの代表作を残した。

また、ソン・ジェホさんはソウル湖西(ホソ)芸術専門学校演技芸術学部教授として後輩の育成に力を注ぐかと思えば、文化財愛子ども創作童謡祭広報大使、野生生物管理協会会長、大韓射撃連盟理事などを歴任し、2007年にはホールト児童福祉会広報大使に委嘱されて死去前まで様々な社会福祉活動に参加した。

政界と社会団体でも連日故人に対する追悼の意を伝えた。

共に民主党の李洛淵(イ・ナギョン)党代表は「2012年滞納された出演料支給を促す撮影拒否闘争を繰り広げて『私は生計の心配をしないが、この金を受け取らなければ生活できない後輩演技者のため』と言った」として「(故人が)野生生物管理協会長、ホルト児童福祉会広報大使、文化財愛子ども創作同僚制広報大使を務めて環境、子ども問題などにも格別な関心と愛情を見せた。実に温かい俳優。とても会いたくなるだろう。故人のご冥福をお祈りする」という追悼文を残した。

国民の力の河泰慶(ハ・テギョン)議員は「私が初当選国会議員だった時、故人を尋ねた。とても穏やかで素敵な方だった。強い愛国心と肯定的な人生観も強調された。後輩の手本だった。ごゆっくりお休みください」と哀悼した。

また、ホルト児童福祉会は「全職員は疎外されて困難を強いられている子どもと隣人のために努力して下さった故ソン・ジェホさ広報大使の残念な便りに心を痛めている。謹んで故人を哀悼する」という公式立場を発表した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기