본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ストに投資保留で対抗…最悪に向かう韓国GMの労使

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版

2018年、ソウル汝矣島(ヨイド)産業銀行の前で対政府要求事項を明らかにする記者会見を開いた韓国GM労組。[中央日報]

韓国GMの労使関係が破局に向かっている。労働組合が今年の賃金および団体協約交渉に関連して部分ストを始めると、使用者側は投資計画を保留するなど強力に対応するという立場だ。労働組合がさらに闘争のレベルを高める場合、本社(GM)レベルの後続措置も出てくるという懸念が強まっている。

韓国GMは6日、「次世代グローバル新製品の生産のために予定されている富平(プピョン)工場への投資に関連した費用執行を保留し、再検討する」と明らかにした。

これに先立ち韓国GMは先月22日、第19回賃金団体交渉でトレイルブレイザーを生産する富平第1工場に約2150億ウォン(200億円)を投資する案を提示した。2023年に昌原(チャンウォン)工場で量産する予定の新規CUVの派生モデルを該当工場に配分し、稼働率を高めるために生産設備と金型への投資計画を明らかにしたのだ。

しかし労働組合はこれを拒否し、先月30日と今月2日、6日に部分ストをしたのに続き、9日と10日のストを予告した。先月23日に始めた残業・特別勤務拒否も続けることにした。

これを受け、韓国GMは危機を迎えた。すでに今年上半期、新型コロナなどで6万台以上の生産損失を出した中、追加の損失が避けられないからだ。

韓国GM側は「最近の労働組合の残業・特別勤務拒否と部分ストなど争議行為による累積生産損失は1万2000台にのぼる」と明らかにした。トレイルブレイザーなど新車がグローバル市場で発売され、生産に集中すべき時期に、労働組合のストで生産に支障が生じたのだ。

労働組合は今年の賃金団体交渉で基本給の月12万304ウォン引き上げ、通常賃金の400%に600万ウォンを加えた成果給(平均2000万ウォン以上)支給と、富平第2工場の新車生産物量配分計画などの提示を要求している。

一方、使用者側は賃金交渉の周期を1年から2年に変更する前提の下、組合員1人あたりの成果金などとして計700万ウォンを支払う案を最終提示した。トラックスとマリブを生産する富平第2工場の場合、すでに配分された車両の生産日程を延長するのに努力するという立場だ。

このように双方の立場が平行線をただる中、労働組合のストに使用者側が強硬基調で対応し、労使の対立はさらに深まると予想される。一部ではGMの韓国市場撤収説まで提起されている。

労働組合は10日午後にまた争議対策委を開き、後続闘争指針を決める計画という。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기