본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国外交長官「相次ぐセクハラ問題、リーダーシップの限界感じるが努力する」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官

韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が26日、在外公館でセクハラ問題が相次いで発生していることについて、「私のリーダーシップの限界を感じる」としながらも「この席にいる間はセクハラやパワハラの根絶に向けて絶えず努力していく」と述べた。

康長官はこの日、国会外交統一委員会で行われた外交部の国政監査で、ニュージーランド・ナイジェリアの公館でのセクハラ関連疑惑について「私のリーダーシップが限界に達したと国民と大統領が評価すれば、相応の決定があると考える」と話した。続いて「逆に考えれば、外交部が閉鎖的な男性中心組織から変わる転換期ではないだろうかと思う」とし「職員の権利意識が高まり、不当だという申告を安全に、自由にできるシステムを整えたため、申告を積極的にできるはず」と説明した。

さらに「一つ一つ(セクハラ事件)を見てみると、完ぺき処理されたとか、さらなる措置は必要ないという結論を出すのが難しいケースもある」とし「ニュージーランドの職員に対するセクハラ事件がその典型」と話した。

また、在ナイジェリア韓国大使館の職員のセクハラ問題については「報告を受けた後、被害者が処罰を望まないという報告を伝えたが、それが虚偽報告であれば私も容認できない。本部レベルで徹底的に調べる」と述べた。

外交部は駐ニュージーランド総領事が現地の職員にセクハラをしたという疑惑に続き、在ナイジェリア大使館の韓国職員が現地の人にセクハラをし、米シアトルの副領事が「人の肉を食べたい」という発言をしたなど各種疑惑が公開され、批判を浴びている。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기