본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国政界、福島汚染水放流計画に懸念…「日本、環境悪党国と記録されないよう」

ⓒ 中央日報日本語版

在韓日本大使館の西永知史経済公使を通じ書簡を伝達する時代転換の趙廷訓議員。[写真 趙廷訓議員室)

韓国国会議員が19日、日本政府の福島原発汚染水放流決定を控え、懸念を表明するとともに、韓国政府の積極的な対応を促した。

韓国与党「共に民主党」の金太年(キム・テニョン)院内代表はこの日の最高委員会会議で、「自国民さえ説得できないまま放流を強行するということはとても心配だ。日本が地球海洋環境を破壊する環境悪党国と記録されないよう願う」と話した。

続けて「汚染水の現況と再処理方法情報を国際社会に透明に公開しなければならない。汚染水の安全性検証に向けた調査団に韓国を含めた関係国を必ず参加させなければならない」と強調した。

韓国野党「国民の力」の成一鍾(ソン・イルジョン)非常対策委員も非常対策委員会会議で「文在寅(ムン・ジェイン)大統領がすぐに出て日本政府に強い懸念を伝えなければならない。外交チャンネルを稼動し放流被害が予想される周辺国と協調して日本を圧迫しなければならない」と話した。

成議員は日本政府に向け「韓国を含む周辺国に放流以外の代案はないのか十分に説明しなければならない」とし、汚染水の放流量と汚染濃度が生態系に適正かも十分に協議し同意を受けるべきと要求した。

「時代転換」の趙廷訓(チョ・ジョンフン)代表は記者会見を行い、「日本だけの問題でなく北東アジア諸国の国民の安全に直結した問題。日本が北朝鮮の核問題に対して『韓半島(朝鮮半島)を超え北東アジアすべての問題』と主張するような論理」としながら日本政府を批判した。

趙代表はこうした趣旨の抗議書簡を在韓日本大使館を通じ日本の梶山弘志経済産業相に伝えた。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기