본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

WTO事務局長候補の兪明希氏、終盤の遊説…ライバル候補「79カ国の支持確保」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
世界貿易機関(WTO)事務局長選挙の最終ラウンドに進出した韓国産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長が16日(現地時間)、スイス・ジュネーブで終盤の遊説活動をした。

兪氏はこの日午後、インターコンチネンタルホテルにジュネーブ駐在のWTO加盟国大使ら約60人を招請して支持を呼び掛けた。兪氏はWTO改革と多者主義を復元する適任者という点を強調し、WTOの主な課題として加盟国間交渉の回復、WTO規範の再整備、紛争解決手続きの復元などを提示した。また、WTOが新型コロナウイルス感染症のような世界的な危機状況に対応する能力を備えるべきだと主張した。

兪氏はナイジェリアのオコンジョイウェアラ候補とともにWTO次期事務局長選の最終ラウンドに進出した。第1、2ラウンドを経て当初8人だった候補のうち2人だけが残った。WTOは両候補を対象に19-27日に最終選好度調査を進め、遅くとも来月7日までには次期事務局長を選出する計画だ。最終ラウンドではWTOの164加盟国が一人の候補に対してのみ支持を表明できる。意見が一致しなければ投票をする。

オコンジョイウェアラ候補は「すべてのアフリカ国家が私の後ろにある」とし、自身に対する支持を表明した国は79カ国だと主張した。

一方、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は16日、青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)で行われたドイツ・ベトナム・オーストリア・チリ・パキスタン・オマーンの駐韓国大使の信任状捧呈式で、兪氏に対する支持を要請した。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기