본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【コラム】急速に増加する国の債務の破局的結果=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

急速に増加する国の債務の破局的結果=韓国

新型コロナウイルス被害階層を支援し景気状況悪化に対応するため韓国政府は今年追加補正予算を4回編成した。戦争で支出が急増した1950年代や経済発展が不十分で税金徴収すら大変だった60年代を除き、追加補正予算を第4次まで編成した記録は見つからない。政府支出は拡大するのに企業環境悪化で法人税など主要税収確保が難しくなっている。その結果国内総生産(GDP)比の国の債務比率は2018年の35.9%から今年は45%前後に上昇すると推定される。債務比率が2年間で9ポイント、その増加率は25%に達する。

他の国に比べ国の債務比率の絶対数値が高いとは言いがたいが、その増加速度は驚くほどだ。債務増加にひとまず速度がつけば元利金償還負担が倍加され管理が難しくなりかねない。国際格付け会社はすぐに韓国の格付けを変化させてはいないが、国の債務比率の今後の急増に対するリスクには言及したりもした。

2020~2024年の中期国家財政運営計画に照らしてみても2024年に債務比率が60%に迫りかねないとみられるが、現在の増加幅と速度ならば2024年以前に到達する可能性もある。もし2年間9ポイントの最近の増加幅と同じ速度で増えるならば40%突破から9年後に2倍である80%に到達することになる。国際通貨基金(IMF)によると、国の債務比率240%で世界最高水準に到達した日本も、1978年には39.9%程度であり、1994年にその割合が2倍である80%台に到達するまで16年かかった。米国も1980年代初めの40%から金融危機直後の2009年に80%台に達するまで30年近くかかった。

すなわち、現在高い債務比率に達している国も現在の状況に到達するまでには相当な時間がかかったということだ。韓国はそれと比較するのが難しいほど国の債務比率が速い速度で増加している。

これは財政危機に陥った国が危機当時に経験した速度に匹敵するほどだ。実際に2010~2011年の欧州財政危機を経験した国を見ると、あっという間に政府負債比率が急上昇する。例えばギリシャは2008年に100%台だった国の債務比率がわずか3年後の2011年には180%まで高まった。スペインは2008年の40%台から6年後の2012年に2倍の80%台に到達し、アイルランドも2008年の40%からわずか2年後には80%台に達する。

◇南米諸国も債務急増する時に危機

慢性的な財政危機に苦しんでいる南米諸国も債務比率の絶対数値自体は高いというより経済状況が悪くなる中で債務比率が急速に上昇して債務不履行状況に陥ったりした。国の債務比率が90%に達し現在財政危機に陥っているアルゼンチンが代表的だ。アルゼンチンは2002年に160%台まで負債比率が上昇したが、直前の2001年にはその割合が50%台で、さらに2000年には40%台だった。
【コラム】急速に増加する国の債務の破局的結果=韓国(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기