본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

米国務長官、訪韓の代わりに康外交長官と電話会談…「クアッドで重大発表も」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
ポンペオ米国務長官が5日、韓国訪問日程を取り消す代わりに康京和(カン・ギョンファ)外交長官と電話会談をしたと、韓国外交部が明らかにした。ポンペオ長官は前日、東京で開催される「クアッド」(日米豪印4カ国の安全保障対話)外相会合だけに出席することを決め、7-8日に予定されていた韓国訪問日程を突然取り消した。

外交部によると、ポンペオ長官は「米国側の避けられない事情のため、今週予定されていた訪韓を延期することになった」と説明し、韓国側の了解を求めたという。これに対し康長官は「トランプ大統領夫妻の早期快癒を祈る。今回の訪韓が延期になったことを残念に思う」と答えた。康長官は「世界貿易機関(WTO)次期事務局長選挙第2ラウンドに進出した兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長に対する米国側の持続的な支持を要請する」とも話した。

外交部は「両長官は対面して会う機会を持続的に調整することにした」と明らかにしたが、訪韓日程を確定することはできなかった。

米国務省は3日(現地時間)、「ポンペオ長官が4-6日に東京を訪問する」とし「(6日に)予定されたクアッド外相会合は、インド太平洋地域の緊急懸案に焦点を合わせる」と明らかにした。続いて「数週後のアジア訪問日程を改めて決めるために努力している」と付け加えた。クアッド会合に集中するために訪韓日程を取りやめたということだ。

ポンペオ長官も2日、欧州訪問を終えて帰国する専用機内で、記者らに「予定されているアジア歴訪のうちどの部分が妥当で、どの部分が妥当でないか検討している」と説明した。4日に東京に向けてアンドルーズ空軍基地を出発する際にも「クアッド加盟国との会合は我々が長期にわたり準備してきたプロジェクト。一部の重要な発表と成果があることを希望している」と述べ、今回の第2回クアッド外相会合に対する期待感を表した。

アジア訪問の最優先順位を、南シナ海などで中国の軍事的脅威を抑止することが目標のクアッド加盟国間の結束強化に置いたのだ。

一方、康京和長官は先月26日、米国のアジアソサエティー主催の画像対談で、韓国のクアッド参加意向に関する質問に対し、「他の国々の国益を排除するのは良いアイデアではないと考える」と述べた。このためポンペオ長官の訪韓延期は、康長官のクアッドに対する否定的な発言のためという指摘も出ている。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기