본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

菅首相、文大統領に「日韓関係、このまま放置してはならない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
菅義偉首相が24日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領との電話会談で、非常に厳しい状況にある日韓関係をこのまま放置してはならない」と述べた。

この日、菅首相は就任後初めて文大統領と電話会談を行った。会談は約20分間行われた。毎日新聞は、今回の電話会談は韓国側の申し出により行われたと報じた。

韓日首脳会談は昨年12月に中国で開かれた韓日中首脳会談を機に文大統領が安倍晋三前首相と行った会談以来、約9カ月ぶりだ。

菅首相は会談後、記者団に「文大統領から総理大臣就任への祝意があり、私からは新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の問題をはじめ、様々な課題に、共に取り組んでいこうという話をした」と述べた。

そして、「日韓両国はお互いにとって極めて重要な隣国であり、北朝鮮問題をはじめ、日韓、日米韓の連携は重要だ」とし「文大統領に旧朝鮮半島出身労働者(「強制徴用被害者」に対する日本政府の表現)の問題をはじめとして、現在、非常に厳しい状況にある両国関係をこのまま放置してはいけない旨を伝えた」と述べた。

菅首相は、強制徴用賠償判決に関して「韓国が国際法に違反した」という趣旨の言及をしたかは明らかにしなかった。

但し、「きょうの会談も踏まえ、様々な問題に関するわが国の一貫した立場に基づいて、今後とも韓国に適切な対応を強く求めていきたい」と述べ、従来の立場に変わりがないことを示した。

菅首相は、文大統領に拉致被害者問題の解決のために支持を求めた。時事通信は、文大統領がこれに支持すると答えたと報じた。

菅首相は、スコット・モリソン・オーストラリア首相、ドナルド・トランプ米国大統領との電話会談をはじめとし、ドイツのアンゲラ・メルケル首相、シャルル・ミシェルEU(欧州連合)常任議長、ボリス・ジョンソン英国首相などと会談を行った。

先だって、文大統領は菅首相に「韓日関係をさらに発展させるためにともに努力していこう」と就任祝いの書簡を送った。これに対し菅首相は「難しい問題を克服し、未来志向的な両国関係を築いていくことを期待する」と返信している。

菅首相は、習近平中国国家主席とは25日に電話会談を推進しているという。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기