본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

6年間で韓国の産業技術121件が海外流出…中小企業が特に弱い

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

この6年間に海外に流出した韓国の産業技術が121件に達することが明らかになった。

この6年間に海外に流出した韓国の産業技術が121件に達することが明らかになった。このうち29件は「国家核心技術」に該当した。

国会産業通商資源中小ベンチャー企業委員会所属のク・ジャグン議員が17日に産業通商資源部などから提出させた資料によると、情報・捜査当局が2015年から最近までに摘発した海外技術流出事件は121件だった。

業種別にみると、韓国の技術力が優れている電機・電子分野が61件で50.4%を占め最も多かった。造船・自動車が22件(18.2%)、機械が13件(10.8%)、化学・生命工学が11件(9.1%)などとなった。

企業規模別では中小企業が80件で66.1%を占め、大企業の33件・27.2%より技術流出被害に弱いことがわかった。

この6年間の海外技術流出事件121件の中には「産業技術の流出防止と保護に関する法律」に基づき政府が流出防止措置を用意するようにした「国家核心技術」も29件含まれた。

国家核心技術は内外の市場で技術的・経済的価値が高かったり、海外に流出する場合に国家安全保障と国民経済発展に重大な悪影響を与える恐れがあるもので、12分野で69件が指定されている。

国家核心技術保有機関のうち3年以内に1回以上技術流出事故経験がある機関の割合は7.8%(新規企業除外)だった。

代表的な技術流出事例を見ると、2018年にプラスチック有機EL補償回路など国家核心技術資料を退社直前にプリントアウトしたり携帯電話で撮影して持ち出し、中国企業に転職するために不正に使った被害企業の元社員が捕まった。

昨年には船舶会社の水面飛行船舶の設計図面など国家核心技術資料をマレーシア国籍の企業に流出させた被害企業の元海外事業チーム長が検挙された。14日には自動運転車関連の先端技術を中国に持ち出した容疑を受けている韓国科学技術院(KAIST)の教授が拘束起訴されている。


関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기