본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国法務部長官召喚か…国防部苦情室の通話記録が変数

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官

秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官息子ソ氏(27)の「休暇延長」疑惑の捜査に関連した最大の関心事は秋長官の召喚およびソ氏処罰の是非だ。秋長官の召喚に対してはひとまず慎重論が優勢だ。被告発人の中で1人だといっても現職法務部長官に与党代表出身5選議員である秋長官を「決定的な一発」なしに調査室に座らせることは簡単ではないということだ。

これを受け、国防部押収捜索の過程で確保された「国防部苦情室通話記録」を変数に挙げる見方も少なくない。国民の力のシン・ウォンシク議員が16日「ソ氏の休暇延長に関連して国防部苦情室に問い合わせの電話をした人が秋長官の夫に記録されているが、実際に電話をかけてきたのはある女性の方だった」という内容の匿名の情報提供を伝えたためだ。

秋長官は14日、「国防部苦情室に電話した事実がない」と疑惑を否認した。万一、シン議員が受けた情報提供が事実で、電話をかけてきた女性が秋長官だといえば秋長官は嘘をついたもようになる。この場合、嘘の背景に対する調査の必要性が提起される可能性がある。軍関係者に不当に事案を処理するように請託した事実が確認される場合にも召喚される可能性がある。職権乱用の共犯や教唆犯になり得るからだ。

ソ氏に関連しては脱営、すなわち軍務離脱罪の適用は簡単ではないが、無断離脱罪の適用は可能だという分析だ。軍務離脱罪は軍務を避ける意図があったという事実が確認されてこそ適用可能だが、無断離脱罪は休暇復帰である深夜12時まで復帰しなかった場合、直ちに成立する。

検察内部では今月初め捜査チームに派遣されたソウル中央地検のパク・ソンヨン副部長検事などの派遣期間が1カ月という点に注目して秋夕(チュソク、中秋)以前にどのような形であれ捜査結果が出るという観測も提起される。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기