본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【コラム】いまは経済的・外交的対北朝鮮圧迫に重点を置く時=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
2018年に米朝交渉の出口を開いた韓国も交渉の仲裁者の役割に重点を置いて南北関係を前面に掲げるあまり非核化進展から南北関係改善への好循環構造を作ることができなかった。韓国は当事者だが交渉に直接参加できないハンディキャップを克服するため対北朝鮮交渉の具体的戦略と細部留意事項を米国と緊密に協議し、「国際社会対北朝鮮」の枠組みを作って交渉で北朝鮮に圧迫を加えられるようにすべきだった。北朝鮮に対し、核廃棄がなければ経済発展はなく、北朝鮮の核廃棄の意図を行動で示すロードマップ作成と検証が必須であることを説得しなければならなかった。北朝鮮が夢見たスモールディールは幸い米国が受け入れなかったが、韓国がリードしてその可能性を遮断すべきだった。

北朝鮮の核交渉は新型コロナウイルスと米国大統領選挙の霧の中で進む道を失った。最近イスラエルとアラブ首長国連邦の国交正常化合意とともに、現在大統領選挙の見通しが不利なトランプ大統領がこれまでの歩みに照らして「オクトーバー・サプライズ」を試みる可能性もあるだろうが、その場合「見せかけの非核化」で終わる懸念が大きい。北朝鮮が従来の立場を守っており、米国も新型コロナウイルス対応と大統領選挙で余裕がないという点から来年上半期まで現状維持(muddle through)の可能性が高い。また、米国が対応しにくい状況を利用して大統領選挙後に米朝交渉を再開する時に有利な立場を確保するため北朝鮮が挑発に出る可能性があるという点を考慮しなければならない。

いまこそ全体局面を徹底的に分析し現実的対北朝鮮戦略を立てなければならない時だ。北朝鮮にとって核・ミサイル能力は体制生き残りであり政権正当性の砦であるだけに、生き残りを脅かすほどの対外圧力が加えられない限り放棄はしないだろう。軍事的圧力が非現実的という状況で唯一の手段は制裁と国際社会の外交的圧力しかない。

◇外交は希望的観測に依存してはならない

北朝鮮の戦略的決断を行動で確認するまでは対北朝鮮制裁が実効的に作動するよう国際社会の団結を試みなければならない。制裁に向け人道的支援を除いた対北朝鮮経済支援は不可能なため南北関係も制約は避けられない。こだまのない一方的な北朝鮮協力に重点を置いて非核化という戦略目標を乱してはならない。

外交は希望的観測や相手方の善意にばかり依存してはならない。南北関係は北朝鮮の核問題解決の見通しができれば自然に改善されるものであるから当分「対北朝鮮戦略的忍耐」が必要だ。いまは北朝鮮が核・経済並進路線では生き残りが不可能だという点を悟らせることに重点を置かなければならない。このため制裁の実効的作動による経済的圧迫と国際社会の一致した対応を通じた外交的圧迫に重点を置く一方、深まる米中対決の中で北朝鮮の核廃棄に向けた両国協力を引き出すことに外交力を集中する時だ。

申ガク秀(シン・ガクス)/法務法人世宗顧問、元外交部次官、リセットコリア外交安保分科委員
【コラム】いまは経済的・外交的対北朝鮮圧迫に重点を置く時=韓国(1)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기