본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国メディア、菅氏の自民党総裁選出で韓日関係改善求める声

ⓒ 中央日報日本語版
菅義偉官房長官が14日に自民党総裁に選出されたことを受け、韓国メディアは15日付社説を通じ韓日関係改善を求める声を出している。

ソウル新聞は「日本『菅時代』開幕、韓日関係原則守りながら柔軟に」という社説で、「韓日関係で安倍首相が踏んだ強硬路線を踏むならば『外交門外漢』というレッテルとともに日本の孤立を自ら招くだろう。未来指向的韓日関係構築を望むならば菅時代の日本は変わらなければならない」と話した。

韓国日報は、「日本首相に上る菅氏、韓日首脳会談に呼応を」と題する社説で「菅新総裁が右翼理念を掲げる安倍氏より実用主義性向である点を挙げ用心深く期待を示す人もなくはない。韓国が主催国となり年内開催を推進中の韓日中首脳会談に菅政権が呼応し、そこで韓日首脳が会うことを出発点としなければならない」と話した。

東亜日報は、「菅新首相、安倍氏の陰から抜け出し韓日関係に新たな地平開け」という見出しの社説で「菅新首相が韓日関係に対し安倍政権の陰から抜け出し新しい地平を開くよう望む。安倍政権との失敗を教訓にし韓国政府も積極的に『修交以来最悪の韓日関係』から抜け出す道を模索しなければならない」とした。

世界日報は、「菅時代開幕、韓日関係改善の変曲点にする時だ」と題する社説で「韓日関係がこの状況に至ったのは外交問題を国内政治に利用した両国首脳の責任が大きい。絡まった糸をほぐすには両国首脳の意志が何より重要だ。韓日両国は菅政権発足を関係改善の変曲点とする必要がある」とした。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기