본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国法務部長官「軍、能力のある私の息子をくじ引きで落とした」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
秋長官はソウル東部地検でない特任検事の導入や特別捜査本部の設置を通した捜査を主張する野党議員に「(疑惑提起が)今までは合理的な疑いに基づいた主張でもなく証拠もない」として反対の立場を明らかにした。

前日「国民に申し訳ない」という立場を明らかにした秋長官だったが、野党議員だけには強く対応した。「(休暇未復帰は)大法院(最高裁)の判例では『脱営』『皇帝勤務』」(国民の力のチョン・ジュヘ議員)という指摘には「息子に対する名誉毀損だ。用語を自制してほしい」として「『皇帝』『脱営』というのはあまりにも野卑ではないか」と逆攻勢の姿勢を取った。

検事出身である国民の力の朴亨修議員には「対政府質問しているわけで、捜査検事のように被疑者尋問をするようにされるのは間違っている」とした。

息子関連疑惑を提起した該当部隊の当職軍人A氏に対しても「公益情報提供は合理的な疑いがあるべきだが、(A氏の主張は)誤認、または誇張されており、合理的でないことが分かる」と釘を刺した。

ただし、秋長官は7月27日国会法制司法委で口にした自身の「小説を書かれているね」という発言に対しては「とても申し訳ない。手落ちだ。独白だったのにスピーカーがついていた」と話した。

この日、民主党議員は秋長官を全面的に援護した。「国民の力によって弾劾された大統領、朴槿恵(パク・クネ)前大統領を愛する人々の歴史反動」(鄭清来議員)、「無差別的で根拠のない政治攻勢で一貫すれば野党が次の選挙でも勝てないだろう」(キム・ジョンミン議員)と述べた。

一方、野党は「反則と特権が日常化する社会であれば、共同体は崩れて愛国心も消えるだろう」(国民の党のイ・テギュ議員)、「今まで確認された情況だけでもすでに法務部長官として国民に解任されたこと」(国民の力のユン・ジェオク議員)と対抗した。

秋長官の解任を主張する野党議員の質問に丁世均(チョン・セギュン)首相は「更迭させる理由が見つかっていない」と否定的な見解を明らかにした。

一方、この日、秋長官は自身と葛藤関係にある尹錫悦(ユン・ソクヨル)検察総長について「(尹総長の)捜査の意志を見たことがない。選択的な正義と選択的な捜査から抜け出せずにいるという叱責がある」と批判した。共に民主党の鄭清来議員が「羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)前議員、尹錫悦(ユン・ソクヨル)総長の妻の母と夫人、チョ・ヒョンチョン前機務司令官に対する捜査がなぜ行われていないのか」と尋ねたことに対する答えだった。

秋長官は「依然として上司の命令に服従する文化が組織内で位置しており、首脳部の選択的な捜査によって事件を拡大させたり捜査に着手したりしない点がある。そのようなことが起こらないようにするべきだ」とした。
韓国法務部長官「軍、能力のある私の息子をくじ引きで落とした」(1)

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기