본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

航空業界の大量失業現実化…イースター航空605人リストラ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

職員が見えないイースター航空本社の事務室 チャン・ジニョン記者

航空業界の大量失業に対する懸念が結局現実になった。イースター航空は7日、605人をリストラすることにしてこの日午後6時ごろ対象者に個別通知を始めた。チェジュ航空と合併・買収(M&A)が失敗に終わると結局構造調整に踏み切ることにしたわけだ。

リストラの対象者は人事評価や勤続年数、扶養家族数、懲戒および褒賞、障害者および報勲対象者資格の有無などを反映して点数順で選定した。当初予定していたリストラの規模はこれより大きかったが、休職者にはリストラを通知できず対象者の選定過程で同点者を救済することにしてこのように整理された。リストラの時点は10月14日だ。

これに伴い、イースター航空には590人だけが残ることになった。整備部門職員(165人)は今回のリストラ対象から外された。国内線運航のための航空機6機を運航するために必要な人員と航空運航証明(AOC)の発給に必要な人材が必要だからだ。国際線運航が再開されれば、航空機運航機数は15~16機に増える。これに先立って先月末には98人が希望退職した。

イースター航空側は「再雇用」を前提とした最後の手段という立場だ。使用側関係者は「買収を希望する側が組織スリム化を共通で要求している」として「現在7カ月連続で賃金支給をできなくなっているが、退職すれば失業給与と替当金(国が事業主の代わりに未払い賃金と退職金の一部を労働者にあらかじめ支給した後求償権を請求する制度)を受けることができる」としながら「そのように待てば会社が正常化した後には再雇用する方針」と話した。

イースター航空は早ければ今月末優先交渉買収企業を選定して翌月中に合併・買収を進めるという方針だ。現在、イースター航空側に買収の意思を明らかにしたところは企業と私募ファンドなど10社余りと知らされた。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기