본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

米CSIS「北朝鮮の新浦でSLBM試験発射準備、人工衛星が捕捉」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)は4日、北朝鮮の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)試験発射準備を暗示する活動が人工衛星で捕捉されたと明らかにした。

ロイター通信によると、CSISはホームページに掲載した北朝鮮の新浦(シンポ)造船所の衛星写真で複数隻の船舶が捉えられたとし、このうち1隻が既存のSLBM試験発射用バージ船を引き出す時に使われた船舶と似ていると明らかにした。

CSISは「こうした動きが水中試験台バージ船から発射された北極星3号の試験発射に向けた準備作業が展開されていることを示唆する」としながらも、「ただし決定的なものではない」と説明した。

北朝鮮は昨年10月、外部からの威嚇を抑制し自衛権を強化するための努力の一環として新型SLBMである北極星3号の試験発射に成功したと明らかにしている。

専門家らは当時のSLBM試験発射は北朝鮮が2018年に核兵器とミサイルの開発をめぐり米国と対話に出てから最も挑発的な動きと解説した。

北朝鮮は2017年から長距離ミサイルと核実験を中断した状態だ。だが北朝鮮が核兵器とミサイルの開発を断念するよう説得するトランプ米大統領の努力は成果を上げられずにいる。

ロイター通信は、トランプ大統領が11月の再選を狙っている状況で北朝鮮がミサイル試験発射をする場合、前例のなかった金正恩(キム・ジョンウン)委員長との会談にもトランプ大統領の対北朝鮮政策は進展がなかったという点がクローズアップされる可能性があると解説した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기