본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「金正恩氏、9年統治ストレス…金与正氏に対南・対米権限を委任」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長と金与正(キム・ヨジョン)労働党第1副部長

韓国国家情報院は20日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が妹の金与正(キム・ヨジョン)労働党第1副部長ら側近に権限を委譲する形で委任統治をしていると明らかにした。国会で開かれた情報委員会非公開業務報告でだ。

この日の報告には、朴智元(パク・ジウォン)国家情報院長が出席し、情報委与野党幹事である与党「共に民主党」の金炳基(キム・ビョンギ)、野党「未来統合党」の河泰慶(ハ・テギョン)各議員が記者会見を通じて内容の一部を公開した。

河泰慶氏は「金与正第1副部長が国政全般において委任統治をしている。金副部長の後継統治ではない」とし「金正恩委員長が依然として絶対権力を行使しているが、過去に比べて少しずつ権限を委譲している」と国家情報院の報告を説明した。続いて「委任統治は(対南・対米戦略で)金副部長に最も多く委譲されたが、経済分野は朴奉珠(パク・ボンジュ)党副委員長と金徳訓(キム・ドクフン)内閣総理、軍事分野は崔富日(チェ・ブイル)部長および戦略武器開発は李炳鉄(イ・ビョンチョル)党中央委軍事委副委員長らにも部分的に権限が委譲された」と付け加えた。ただ、委任統治は北朝鮮で使っている言葉ではなく、国家情報院で作った用語だと与野党幹事は伝えた。

国家情報院は「過去は北朝鮮各機関が金正恩委員長に直報告する万機親覧型だった。だが、いまは金与正副部長が中間で報告を受けて金正恩委員長に知らせ、金委員長が再び指示を与えると金与正副部長が各機関に知らせる形」と説明した。

委任統治背景に対しては「1つ目は金委員長の統治ストレス軽減だ。9年間統治しながらストレスが非常に溜まっているようだ。2つ目は政策失敗時、金委員長のリスクが大きすぎるという次元で、責任回避のため」と国家情報院は把握している。正恩氏の健康不安説については「全く(異常は)ないようだ」とした。

金与正氏を後継者とみているかどうかについて、金炳基氏は「それは違う。国政全般に金与正が関与しているのは確かだが、金正恩がしているように万機親覧しているのではない」と話した。河泰慶氏は「集団指導体制ではなく、依然として金正恩の権力下で権限を分散したとみればよい」と説明した。北朝鮮のこのような状況について、国会情報委のある委員は、中央日報の電話取材に対して「金委員長が執権9年目を迎えて権力掌握と統治経験の蓄積に伴う自信を基に委任統治をという形で国政遂行体系に変化をみせている」と話した。

国家情報院はこの日、「寧辺(ヨンビョン)5メガワット原子炉は稼働中断状態であり、再処理施設が稼働する兆候も識別されないでいる。北朝鮮軍夏季訓練量も25~65%減少した」と報告した。水害に関しては江原(カンウォン)、黄海南北道(ファンへナンブクド)などが深刻な被害を受け、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)は7月から再拡大の危機が高まり、最大非常防疫体制に突入したと明らかにした。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기