본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「新型コロナ感染拡大」…韓国プロ野球、全球場で無観客試合に転換

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
新型コロナウイルスの感染拡大傾向が激しくなり、結局韓国プロ野球KBOリーグの全球場が無観客試合に転換された。

起亜(キア)タイガーズ球団は19日、「新型コロナウイルスの感染拡大傾向が激しくなったことを受け、20日にNCダイノスとのホームでの試合から当分無観客で試合を行うことにした」明らかにした。光州市(クァンジュシ)は現在、社会的距離確保(ソーシャルディスタンス)1段階の状況だ。しかし韓国政府の防疫対策に先制的に対応するためこのように決めた。前売りされた20~21日のNCダイノス戦のチケットは全額払い戻しされる。

起亜が無観客試合への転換を決めたことで、KBOリーグは再び全球場無観客体制で試合を行うことになった。ソウルと京畿道水原(キョンギド・スウォン)を本拠地とする斗山(トゥサン)ベアーズ、LGツインズ、キウム・ヒーローズ、KTウィズは15日に政府のソウル・京畿道地域の社会的距離確保2段階格上げ措置を受けて無観客試合を決めており、仁川(インチョン)を本拠地とするSKワイバーンズは16日に転換した。

釜山を本拠地とするロッテ・ジャイアンツは17日、大田(テジョン)が本拠地のハンファ・イーグルスと本拠地の大邱(テグ)で試合をするサムスン・ライオンズ、昌原(チャンウォン)を本拠地とするNCダイノスは18日にそれぞれ無観客試合を決めた。最後に起亜が無観客試合を決め、プロ野球は7月26日に観客を入れての試合が再開されてから3週間ほどで再び無観客体制に転じることになった。万一、社会的距離確保が3段階に引き上げられるとプロ野球の試合は中断される。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기