본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「問題ある製品なら全世界がファーウェイ使うだろうか」…米中対立に狭まれた韓国LGユープラス(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
◇装備交換時は「輸血問題」が発生

5G装備をファーウェイから他社製品に全面交換することは事実上不可能だ。韓国の5G網は4G(LTE)網と関連したNSA(非単独)方式だ。2013年からLTE基地局にファーウェイ製品を使ってきたLGユープラスとしては5G網を撤収するには既存の4G網全体を交換しなければならない。同社関係者は「血液型がA型の人にB型の血液を輸血するために既存A型の血液すべて取り出すことはできないのではないか。もしこれが可能だとしてもそれにかかる数兆ウォンの費用は株主に損害として返ってくるほかない」と話した。

性急に「反ファーウェイ戦線」に参加すると「第2のニンニク騒動」、すなわち中国の経済報復を呼びかねないという点は国レベルの悩みだ。ファーウェイが韓国企業に販売する装備は年間3000億ウォンほどだが、韓国企業がファーウェイに販売する製品は半導体と携帯電話部品を中心に13兆ウォンに達するという試算もある。

多くの証券アナリストはファーウェイ問題がLGユープラスにすぐ大きな打撃にはならないとみている。韓国政府も「個別企業の問題にすぎない」として線を引いている。しかしただ手をこまねいているわけにもいかない。ティックトックやウィーチャットへの制裁で見るように、米国の中国牽制は強さを増しているためだ。米中の争いのとばっちりを受けないための韓国政府と企業の選択肢は何だろうか。
「問題ある製品なら全世界がファーウェイ使うだろうか」…米中対立に狭まれた韓国LGユープラス(1)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기