본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「朝鮮人慰安婦30人、4000人が強姦」旧日本軍の供述を公開

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

釜山日本総領事館前に設置された慰安婦平和の少女像(写真=中央フォト) 釜山日本総領事館前に設置された慰安婦平和の少女像(写真=中央フォト)

「1941年関東軍司令部の命令を受けて軍慰安所を設置する時、中国人家屋を略奪して軍慰安所にした。その時、朝鮮人女性30人を旧日本軍の『慰安婦』として強制的に営業させ、旧日本軍部隊軍人4000人の強姦・殴打暴行の対象にして性病で苦しませただけでなく借金まで加重させた」

旧日本軍戦犯が中国侵略時期に牡丹江市東寧県で犯した慰安婦犯罪に関連して述べた内容だ。これは日帝崩壊後、中国で捕まった旧日本軍が書いた自筆供述書の一部に含まれた。

中央档案館(公文書館)は2015年と2017年に出版した資料集『中央档案館所蔵中国侵略の日本戦犯の自筆供述書』だった。

該当自筆供述書は旧日本軍戦犯供述書842件を120冊に構成した資料集で計6万3000ページに達する。殺人、殺人ほう助、逮捕監禁、顧問、殴打、強制労働酷使、略奪、不法な家屋侵入、家屋破壊と没収、防火、食べ物の強奪、不正腐敗、脱税、情報活動、慰安所設置と強姦、輪姦など犯罪が詳しく記されている。

このような自筆供述書に基づいて、東北アジア歴史財団は14日「資料で見る旧日本軍慰安婦問題」学術会議で供述書の分析内容を発表する。特に、朝鮮と中国人女性を性的に搾取した旧日本軍9人の自筆供述書を集中的に紹介する予定だ。

学術会議で発表するキム・ジョンヒョン委員の「中国の旧日本軍の戦犯供述書で見る慰安婦問題」資料によると、旧日本軍戦犯供述書には「(慰安婦を)奴隷のように虐待し、慰安所設立以来1942年10月まで50回にわたって性暴行した」「朝鮮女たちの自由を剥奪しただけでなく、性病により大きな苦痛に苦しませた」「本来慰安所に加えて7つの部屋の住民を追い出して慰安所を大きく改造した」「中国人家屋を没収して慰安所として作る過程で旧日本軍が直接的に関与した」などの内容が記されている。

キム・ジョンヒョン委員は「旧日本軍戦犯供述書をみると、旧日本軍の戦時性犯罪が中国全域で警察・憲兵・軍隊を問わず全方向的に発生し、朝鮮人女性たちが多数の地域に連行されたという事実が分かる」と明らかにした。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기