본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国山林庁、土砂崩れ危機警報を最高段階「深刻」引き上げ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

先月30日午前6時40分ごろ、提川市松岳面月岳里で土砂崩れが発生した。[写真 忠北消防本部]

韓国山林庁は7日午後9時、釜山(プサン)・大邱(テグ)・光州(クァンジュ)・大田(テジョン)・蔚山(ウルサン)・世宗(セジョン)・忠北(チュンブク)・忠南(チュンナム)・全北(チョンブク)・全南(チョンナム)・慶北(キョンブク)・慶南(キョンナム)の12の市・道に対する土砂崩れ危機警報を「深刻」に引き上げたと明らかにした。

土砂崩れ危機警報は「関心」「注意」「警戒」「深刻」の4段階からなる。「深刻」段階の発令は土砂崩れの危険が最も大きいことを意味する。

山林庁の関係者によると、7日から9日まで全国的な集中豪雨による大規模な土砂崩れ発生の危険性が非常に高く、人命・財産被害が憂慮されるため、危機警報を深刻に引き上げた。ソウル・仁川(インチョン)・京義(キョンギ)・江原(カンウォン)の4の市・道は「警戒」、済州(チェジュ)は「注意」。

一方、自治体の土砂崩れ予報(警報、注意報)は午後8時基準で全国44の市・郡・区に発令されている。土砂崩れ警報は世宗、忠北(陰城)、忠南(牙山)、全北(長水)、全南(谷城、順天、和順)、慶北(金泉)など8カ所に出ている。土砂崩れ注意報はソウル(道峰、江北、蘆原)、大邱(達成)、京義(漣川、広州、楊平、加平、平沢、高陽)、忠北(清州、永同)、忠南(保寧、礼山、洪城、天安、扶餘)、全北(任実、群山、鎮安、茂朱、南原)、全南(求礼、光陽、潭陽)、慶北(亀尾、星州)、慶南(居昌、泗川、山清、晋州、河東、咸陽、陜川、宜寧)、,光州(東区)など36カ所。

山林庁は土砂崩れ危機警報「深刻」段階の発令を受け、土砂崩れ災難即刻対応態勢に入った。自治体・地方山林庁・関連機関などに対し、危険状況に合わせて土砂崩れ被害憂慮地域の住民を避難させるよう指示し、緊密な協力体系を維持する計画だ。朴綜虎(パク・ジョンホ)山林庁長は「国民は有事の際、緊急災難文字メッセージと案内放送に従って速かに避難してほしい」と述べた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기